◆LS VAJRA SUV

 スポーティからドレッシーなスタイルまで、複雑な造形のマルチピース構造のアルミホイールを得意とするメーカー『WORK (ワーク)』。性能面はもちろんのこと、デザイン性もしっかりと追求する同社のホイールには、ランドクルーザーにベストマッチな魅力的なラインナップがいくつもある。
 その中でも、高度な製作技術が要求される3ピース構造と鍛造製法を融合した、まさにWORKだから成し得た最上級のモデルが、ランドクルーザー300&LX600にターゲットを絞って設計されたWORKの大口径・ハイエンドブランド『LS』の最旬モデル『LS VAJRA SUV(エルエス・バサラ・エスユーブイ)』だ。コンセプトの通り、サイズは22/24インチという大口径のみで、さらに鍛造ビレットディスクを採用。オープンメッシュをデザインのベースにアンダーデザインと高低差を与えたWORK鍛造ホイール初のダブルデザインであることも特徴だ。
 もちろんデザインだけでなく、重量級ボディをしっかり支え、運動性能をスポイルしないことも大事。それも強度と剛性、軽さを満たす鍛造製法でクリアしている。
 この12交点メッシュは、繊細な美しさと大胆な力強さを両立する、まさに至高の1本だ。

ブラッシュド

スーパークロームメッキ

ブラックアルマイト

鍛造素材による硬質感やキメの細かさを活かした美しいブラッシュドやスーパークロームメッキ、ブラックアルマイトなど多面性の高いディスクデザインカラーを採用。

インナーリム、ディスク、アウターリムで構成される3ピース構造であるため、上の写真のように個性を主張できるカラーコーデも楽しめる。
開口部の広いオープンメッシュのオーバーデザインに対して、アンダーにサイドスポークを配置して12交点メッシュへと変貌。繊細なメッシュでありながら十二分に力強さも感じるを鍛造初のダブルデザインを採用する。なお、1ピース構造と異なって3ピースホイールは極端なコンケイブデザインを採用しづらいが、スポークを立体的に構成することで、深リムなどをしっかりと表現している。
LSシリーズではお馴染みの洗練されたデザインのセンターキャップ。立体的なブランドロゴ入りで、より大きく、存在感のあるオーナメントに見えるように設計されているのもポイント。またWORKの最上級鍛造ホイールの証である『FORGED』を刻印済み。
スポーク天面の高さを変えることで立体的なデザインとなり、ホイールの剛性も確保。またラウンドした形状の採用によってリム深度はディープに。これはハイインセット車でもディスクの突出が起きにくいように配慮した設計だ。
正面から見ると極めてシャープな印象のスポークだが、鍛造ビレットディスクの高剛性によって絶対的な強度を持つ。さらにダイナミックで迫力のあるフルリバース構造によって、大口径ホイールを実現。この信頼感こそ、WORKが長年に渡り多くのユーザーから愛されている証だ。なお、バサラとはサンスクリット語で金剛石(ダイヤモンド)を意味し、ダイヤモンドの硬さや輝きを彷彿とさせる『LS VAJRA SUV』にふさわしいネーミングだ。
  • 株式会社 ワーク
  • https://www.work-wheels.co.jp
  • https://ls.work-wheels.co.jp
  • 〒577-0016 大阪府東大阪市長田西4-1-13
  • ☎06-6746-2859(西日本コールセンター)
  • ☎052-777-4512(中日本コールセンター)
  • ☎048-688-7555(東日本コールセンター)
 

The post 【WORK】LS(=Luxury Style)の名の通りに満足度の高い鍛造ビレットディスクを採用する3ピースの至高の車輪「LS VAJRA SUV」 appeared first on LETS GO 4WD WEB.