ランドクルーザーの専門店を展開するFLEXが販売の主力としているのはカスタムコンプリートで、その種類は大きく3つに分けられる。ひとつが〝リノカ106〟に代表されるFLEXコンプリート『Renocaシリーズ』、次にオールドランクルをリフレッシュした中古車、そしてもうひとつが新車(ないし登録済み未使用車や高年式ユーズドカー)がベースのFLEXカスタム。後者の中で名実ともに最高峰のモデルが、この『FLEXランクル300・オーバーランドスタイル』だ。
 絶望的な納期が多少緩和され、カスタムに着手するオーナーも増加中のランドクルーザー300。FLEXが提案するのは、誰もが憧れる〝ランクルらしさ”に溢れたスタイルで、非現実的なデモカーではないことが最大の特長だ。
 このオーバーランドスタイルのランクル300、実は中間グレードのAXがベース。まず上級グレードZXの純正フロントバンパーへ換装し、その上で同グレード専用のJAOS製フロントバンパーガード&リヤスパッツを装着し、同じくJAOS製フェンダーガーニッシュもセット。これらはマットブラック仕様で、一気にワークホース的なイメージへと一新。さらにフロントグリルやミラー、ウインドウモール、ルーフレールなどをブラッククローム塗装で仕上げた。
 なお、足回りはフレックスオリジナルの2インチアップ・サスをインストールし、クリムソンのMG・ゴーレムホイールとトーヨータイヤのオープンカントリーR/Tの20インチを履く。見た目の迫力のみならず、それに違わぬオールラウンド性能も手に入れた。
 ランクル300オーナーはもちろん、スマートでタフなスタイルは全ランクルオーナーにオススメのカスタムプランといえよう。

FLEX流ランクル300最大の特長は、下から2番目のエントリーグレードの「AX」をベースに、上級「ZX」フェイスへの換装。両グレードの良さを融合する手腕がFLEXカスタムの真骨頂!
これが本格派!のランクルらしさをアピールするフェイスとした上で、シンプルな中に迫力を醸し出すJAOS製パーツを採用。フロントバンパーガードのほか、フェンダーガーニッシュやリヤスパッツを装着。
FLEXオリジナルの2インチアップコイルを実装してリフトアップ。純正の乗り心地を損なわないマイルド乗り心地のオールラウンドな足回りだ。そこにオープンカントリー/T(LT275/55R20)と、ランクル300専用サイズを設定するMG・ゴーレムの20インチをコンビ。フローフォーミング製法のホイールはやホワイトレターのタイヤとのマッチングも、ランクルに見合った迫力と性能を足もとにプラスしている。
単にZXフェイスとしただけでなく、グリルなどのメッキ部分をブラックアウトした渋いルックスとしたこともこの車両のポイント。AXでは不十分な内装に感じられるかもしれないが、そこにはFLEXオリジナルのシートカバーなどを装着し、ランクル300にふさわしい高級感を演出。
ライノラックのルーフラック・パイオニアプラットフォームを搭載し、横から後方まで上から見ると実に円の3/4 (270度)をカバーするライノラックのバットウイング・オーニングをそこにセット。タープ設営よりかなり簡単なのでオススメだ。
●パイオニアプラットフォームやバットウイング・オーニングなどのRHINO-RACK(ライノラック)製品についてはFLEX のWEBをご確認いただくか、最寄りの店舗までお問合せください。

FOLKWOOD VILLAGE 八ヶ岳

<FLEX GIRL>木村 楓

●Instagram=@k._.k5656@k._.k5656
●Twitter=@p_kaepyon

今回の撮影場所『フォークウッドビレッジ八ヶ岳』は、アウトドアサウナ施設を完備したお洒落なキャンプ場。予約すれば手ぶらでキャンプサウナが楽しめる、初心者にもオススメのスポット。ちなみにキャンプ場の一部サイトを運営しているのはFLEXで、ドッグランなどを設けたFLEXフィールドを用意。モデルを務めたFLEX GIRLの木村 楓(きむら・かえで)さんは根っからの〝サウナー〟らしく、薪で暖めるアウトドアサウナや空を眺めながらのチルタイムを大満喫♪
FOLKWOOD VILLAGE 八ヶ岳の施設の詳細や予約についてはWEBへアクセス!
  • 〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町3900-2
  • https://folkwood-camp.com

ーーーーー

  • FLEX
  • https://www.flexnet.co.jp/

The post 【FLEX】新車〝カスタム〟コンプリートで最新ランクルも本格スタイルへ appeared first on LETS GO 4WD WEB.