近年のSUVカスタムでは、マットブラックやアースカラーが人気を博しているが、そんな仕様に一石を投じたのが、東京オートサロン2024に出展されたロードハウスのD:5だ。前期型アクティブギアD:5が登場して以降オーナーにとってオレンジは身近な存在で、アクセントカラーにとりいれるユーザーは増えた。さらにデリカミニや間も無く登場するトライトンにはオレンジが設定されており、現行型D:5にオレンジがあったら……というコンセプトで、先述の純正カラーでオールペンして製作されたのが、このKADDIS NEWエクストリームスタイルだ。
 街乗りからアウトドアまでどこにでも連れて行ってくれる頼もしさや機動力を追求するため、まず4インチリフトアップキット+アップコイルで合計5インチリフトアップを実施。また新開発の減衰力調整機構付きのセミハイストラットショックを組み合わせることで、乗り心地や快適な走行性能に配慮しながら、LT265/75R16のタイヤへ大幅なサイズアップを実現した!さらに明るいボディを引き締めるべく、ボトムエリアやルーフ周辺のアイテムはブラックで統一感を演出し、そこに新作・LEDライトバー内蔵のフロントランプバーを提案するなどして、圧倒的な個性を際立たせる。
 そんなキャラクターが多くの人の共感を呼び、ドレスアップ・SUV部門で優秀賞を受賞。ちなみに、この東京国際カスタムカーコンテストにおいて、デリカD:5の入賞したのは初めてだとか。まさに歴史に名を刻んだカスタムなのだ。

デリカらしさを強調するため、フロントにはIPFの大型アシストランプを追加。さらにありそうでなかった画期的なアイテム『LEDライトバー内蔵タイプのフロントランプバー』を新設定したことが、最大のトピック。またダイナミックシールドを生かしたアクティブランプパネル(こちらもLEDランプを内蔵)に変更するなど、フェイスイメージは激変!もちろんこれらは暗闇での視認性を高めて安心して走行できるランプカスタムでもある。
フロントフェイスだけでなく、ボンネットにも手を加えるのがロードハウスのスタイル。軽量なエアロボンネットは中央とその両側に開口部を設けて、エンジンルームの熱を効率的に排出する。また横方向への広がりを意識したデザインで、ワイド感を強調。
フロント回りでさらにオススメなのが、このルーフマーカーランプ。ランプ自体はコンパクトだが、存在感をアピール。その他の灯火類に属するので、車検にもしっかり対応。チーム三菱ラリーアート・AXCRサポートD:5も採用した逸品。
ルーフキャリアを使いこなすために必要不可欠なアイテムが、リアラダーPREMIUMやトレイルヒッチPREMIUM。アグレッシブなデザインなだけでなく機能性も抜群だ。キャリアへのアクセスが格段に良くなる。
荷物の積載面積を最大限に確保しつつ、全高を抑えた新世代のラックとなる『KADDISルーフキャリア』を搭載。キャリア本体の高さを180㎜に抑えつつ、軽量のアルミパイプΦ45を2段使用した強靭なルーフキャリアだ。本体素材は軽量なアルミ、フット部分にスチールを採用し、側面にはKADDISのロゴプレートをあしらう。トレンドのロープロファイルスタイルながらサービスホールをあらかじめ設けるなど、積載性能や拡張性も重視しており、フロントにはIPFのLEDライトバー、サイドにはアルミケースに収納されたARBのLED付きサイドオーニングなどを追加することができる。
新たにハイストラットショックを組み合わせることでLT265/75R16サイズのBFG・A/Tタイヤの装着を可能とした。ホイールはブラックストック1ピースをセット。ワイドタイヤをシンプルなAR4オーバーフェンダーでしっかりと飲み込む。

5インチアップを実現しながら素直な乗り味と安定感ある走りを披露

タフなイメージを演出するため、またどんなシチュエーションでも安心して走れる逞しさを実現するべく、4インチのボディキットと1インチのアップコイルを組み合わせた。ショックは減衰力調整機構を備えるエナペタル製(開発中)をセットし、路面からの入力を適度に吸収しつつ、バタつきを抑えることで、安定感と快適性を両立。フロントショックはスプリングマウント位置を高くして、より大きなタイヤの装着を可能としている。

2024年のコンテストでSUV優秀賞の快挙達成!

『東京オートサロン2024』にて開催された東京国際カスタムカーコンテスト2024のドレスアップ・SUV部門にてKADDIS XTREME DELICA D:5が見事優秀賞を受賞した。これまでロードハウスは、CX-5やランクル150プラドで優秀賞を獲得してきたが、デリカD:5での受賞は初!おめでとうございます!
  • ロードハウス
  • ☎048-963-7600
  • https://roadhouse.co.jp

The post 【ROAD HOUSE】注目ポイントは派手なカラーのみにあらず!機能と実用性アップに真髄あり! appeared first on LETS GO 4WD WEB.