◆T‐GRABICⅢ

アルミホイール装着における大原則である「スタイルアップもパフォーマンスアップも足もとから」を満たし、さらにオフロードに特化させたWORK発の四駆専用ホイールシリーズ『CRAG(クラッグ)』。「CROSSOVER RACING GEAR」に由来するブランド名を持ち、平地だけでなく、野原、丘陵地、森林など、舗装されていない山道やマッドなど、あらゆる地形を乗りこなすホイールであることを至上命題とするブランドだ。
 その中でもレース直系のDNAを細部に宿し、同ブランドを代表するモデルが『T‐GRABIC(ティーグラビック)』。そこから『T‐GRABICⅡ』を経てさらに強靭となり、新たな機能美を得たのが、今回デリカD:5とマッチングした6ツインスポークデザインを採用した『T‐GRABICⅢ』だ。

マットブラック

ブラッククリアグレー

 オフロードレースのノウハウが随所に盛り込まれたホイールであり、砂の排出性や衝撃に耐える強度、タイヤを保持する性能など、どのディテールにも意味がある。例えばツインスポークの外周部には設けたトラス形状(トラスフレーム)は、ホイールの剛性を高め、強度を確保する役割を担いながらTGⅢ独自のデザインを演出している。

6ツインスポークデザインを採用し、スポークをリムに差し掛かる直前に落としたコンケイブ形状とすることで、足長感を披露。ツインスポークより1段下の外周部には、独自形状のトラスフレームを設定。これはT-GRABICⅢのデザインを演出するだけでなく、ホイールの剛性や強度の確保にも貢献している。
実はT-GRABICⅢは、これまでのシリーズがアイデンティティとして採用してきたビードロックリングテイストから一変、アウターリムフランジはスッキリとした仕上げ。リムフランジより内側に、ピアスボルトホールに見立てたディンプルのみを配置した。
レッドラインを採用したオーナメントのセンターキャップでデザイン性を向上。シンプルに美しく演出する。
老舗4WD・SUVプロショップにして、デリカやランクルを中心としたカスタムパーツメーカーの顔も持つ『ロードハウス』。今回T-GRABICⅢをマッチングしたのは、同社が兼ねてから提案するカスタムスタイルのうちのひとつ『KADDIS AR4スタイル・デリカD:5』。迫力のリフトアップ&ワイド化の『KADDIS エクストリームスタイル』に対して、日常使いの快適さは残しながらオフロード性能をアップするという〝オールラウンド4WD〟がコンセプト。そのためリフトアップ量は1インチと控えめだが、16インチのBFG・A/Tタイヤとの王道コンビネーションを実現。

◆CRAG CKV

 一方、デリカミニに装着して注目なのが『CRAG CKV(クラッグ・シーケーブイ)』。軽SUVや軽トラ・軽バンにターゲットを絞った4H‐100のみ(14/15/16インチ)の設定だが、圧倒的なアグレッシブさを誇る。

ブラックマシニングカットクリア

 そもそもすべてのCRAGホイールにはオフロードボトムの王道テイストと、確かな走れる性能がある。このCKVの8交点メッシュデザインにおいても、ディッシュをイメージさせる骨太な意匠を採用する。また、T‐GRABICで追求してきたリアルなビードロックリング形状は、斬新なアピアランスと質感でしっかりと踏襲されている。

「WORK」ロゴを配したセンターキャップは光沢のあるグロスブラック仕様。センターロックテイストを取り入れた存在感のあるギアデザインが、全体を引き立てている。
デザインリングを貫通するスクエアデザインウインドーを2カ所に配置して、ストレスフリーなエア充填が可能。機能的なデュアルアクセントとしている。

今回CKVをマッチングしたのは『ロードハウス』が手掛けたチョイ上げのデリカミニ。同社はベース車の持ち味を生かしたファニーなスタイルも模索しているが、このCKVの装着によってまずは4WDらしさをアピールする方向のカスタムへシフト。1インチのリフトアップで、タイヤを純正にないカスタムサイズとなる「165/65R15」のジオランダーX-ATへ変更。外径は大きくなったが、ホイールハウスへの干渉はなく、段差の乗り越えも問題なし。ブラックマシニングカットクリア遠いウカラーでよりオフロードを強調したアグレッシブなスタイルになった。

  • WORK
  • ☎06-6746-2859(西日本コールセンター)
    ☎048-688-7555(東日本コールセンター) 
    ☎052-777-4512(中日本コールセンター)
  • https://crag.work-wheels.jp

The post 【WORK】D:5もデリカミニもCRAGでOFF感アップ! appeared first on LETS GO 4WD WEB.