新車をベースにオリジナルパーツで構成したカスタムパッケージカー。それが、アピオのコンプリートカーであり、ジムニーを知り尽くしたアピオだからこそできるスタイルと性能を実現。
 アピオのコンプリートカーの基本構成はJB64/74ともに、TS3/TS7/TS4の3タイプ。TS3はエクステリアは基本的にノーマル。20㎜アップサスペンション、マフラー、タイヤ&ホイールなど最小限のカスタムで、ジムニーの魅力を引き出す仕様。TS7は20㎜アップサスペンション、前後タクティカルバンパー、マフラー、タイヤ&ホイールとよりカスタム色を強めた仕様。TS4は、JB64/74共に40㎜アップサスペンション、前後タクティカルバンパーなど、よりスタイルアップを意識した仕様となっている。そこからオーナーの好みに応じたオプションパーツを付加することで、よりオリジナリティあるカスタムカーを製作することも可能としている。
 アピオ・ジムニーコンプリートカーの楽しみ方は無限大であり、今回紹介しているJB64/74ともに基本となるカスタムにアピオのオリジナルパーツをそれぞれチョイスし、オリジナリティあるスタイルをクリエイト。よりジムニーライフを楽しむためのカスタムを提案してくれるのがアピオのカスタムコンプリートの魅力であり、ジムニーを知り尽くしたアピオの強みだ。

JB64 シルキーシルバー

前後パンパーはJB64用に専用デザインされたタクティカルバンパーを装着すると共に、フロントグリルにはヴィンテージアイアングリルを装着。サイドシルにはスズキ純正オプションのサイドアンダーガーニッシュを装着する。
足もとにはワイルドボアX2・レイドブラックをチョイス。足回りは6430サスペンションキットを装着し、30㎜アップを可能としている。
インテリアにもアピオの人気アイテムであるカップホルダーやトランスファーシフトノブなども装着し、ドライブを快適にするアイテムを装着する。
ターボモデルであるJB64をよりパワフルかつトルクフルな走りへと進化させてくれるのがアピオ・ハイフロータービン。さらに、ハイフロータービンの性能を引き出すアピオ・TOTSUGEKI ECUもラインナップ。

JB74 ナロー ラバーディップ

フロント周りはJB74専用にデザインされたタクティカルフロントバンパー、ヴィンテージアイアングリル・IPFマーカーランプVerを装着する。
フロントバンパー同様に、タクティカルリアバンパーを装着。ナローフェンダーに合わせたデザインで、リアビューにアクセントを与えてくれる。
片側約マイナス30㎜とすることで、ワイドモデルでありながらより使い勝手を良くしてくれるナローフェンダーを装着。
ナローフェンダーにマッチさせる足もとには、ワイルドボアSR+にオープンカントリー785をインストールする。
オフロードをガンガンに攻めるなら、H.D.サイドシルガードは装着しておきたいアイテムだ。
足回りは7440サスペンションキットを装着して40㎜アップを実現。スタイルアップと共に気持ちの良い走行性能を実現している。
リアビューにアクセントを与えてくれるヨシムラマフラーチタンサイクロンを装着。

JB74 パールホワイト

フロントバンパーには、よりハードなイメージを与えてくれるしし狩バンパーを装着。併せてIPF2インチドライビングランプやアルミスキッドプレートなどもインストール。フロントグリルにはSJグリルをチョイス。
ルーフにはフロントランナーのアルミルーフラックを装着。そこには、アウトドアを満喫するためのアイテムを積載。
クウォーターウインドーにはサイドラックをはじめ、SHIELD DECKといったタクティカルなアイテムを装着している。
乗降性を高めてくれるサイドステップを装着すると共に、PISTONスリムサイドシルパネルを装着する。
サスペンションは7420サスペンションキットを装着し、20㎜アップを実現。
足もとにはワイルドボア・ベンチュラのガンブラックにオープンカントリーR/Tをインストール。
リアビューにヨシムラマフラーステンレスサイクロンを装着し、スポーティな印象を与えてくれる。
  • アピオ
  • 所在地:〒252-1124 神奈川県綾瀬市吉岡651
  • TEL:0467-79-3732
  • FAX:0467-76-3266 
  • 営業時間:10:00〜18:00
  • 定休日:隔週火曜、毎週水曜、祝日定休
  • https://www.apio.jp/

The post 【APIO】ジムニーライフをより豊かにするカスタムコンプリートカーTSシリーズ appeared first on LETS GO 4WD WEB.