長いジムニーの歴史の中で、これほどまでに多くの車両が走っているのは未だかつてない事。多くの人がジムニーに注目しているのは嬉しいが、その反面信号待ちで自分と全く同じ仕様のクルマと並ぶ事も珍しくない。そうなってくると差別化というか、自分だけの個性を追求したくなってくるものだ。
 これまで様々な車種のボディキットなどを手掛けてきたKUHLでは、満を持してジムニー&シエラ用キットの発売を開始。前後バンパーやサイドステップに加え、前後のディフューザーを追加する事で、ノーマルのいささか鈍重なイメージを見事に払拭し、スポーティな雰囲気を見事に引き出していると言える。特にシエラのバンパーはーフェンダーの先端がなくなる商品もあるが、このエクステンションパーツも抜かりなく製品化。いかにもバンパーを交換した印象は一切感じられず、一体感溢れるスタイルを創り出している。
 またコンパプトとなったリヤバンパーの直下には、4本出しマフラーが顔を覗かせており、ディフレクターとの一体感はまさに秀逸。フロントマスクの王道的なスタイルとは対照的で、疾走感溢れるリヤビューは二度見するほど。パーツ単体はもちろんフルキットの販売も実施中。しかも塗装済み仕様も設定しているので、届いたその日にDIYで装着が可能。カスタムする楽しさを体感できるのもKUHLの魅力と言えるだろう。

■KUHL JB74

ノーマルよりも開口部を拡大したデザインを採用し、中央にKUHLのエンブレムをあしらうオリジナルグリル。バンパーは上下方向の厚みを減らしオフロードカーらしいアグレッシブさを強調したデザインに変更。一般的なカスタムでは中央にスキッドプレートを設けるが、KUHLではここにディフレクターを装着し、他社とは異なる個性を主張する。ちなみにKUHLのFRPは通常の1.5倍の強度を誇るので、フィッティング性も抜群と言える。
オーバーフェンダー本体は純正パーツだが、KUHLの74R-GT フロントバンパーと美しく繋がる様に、アタッチメントを装着。純正かと見間違えるクオリティの高さで、フェンダーとバンパーを違和感なくリンクさせている。基本は黒ゲル仕上げだが、塗装済みも設定する。
サイドシルの下側に追加するコンパクトなステップ。ステップの機能というよりは、エアロパーツ的なアイテムで、前後オーバーフェンダーのブラックのラインを繋ぎ、一体感を醸し出す役目を備えていると言える。
ノーマル風のデザインを採用しながらも、厚みを減らしたリヤバンパー。その分マフラーエンドを高くすることが可能で、よりスポーティな姿にアレンジできる。シエラには出口が90パイの4テールマフラーを装着する。
サスペンションはショウワガレージのキットを使用して約2インチリフトアップを実施。街乗りの快適性を考慮し、敢えて上げすぎない仕様としている。なおショックは減衰力調整式で、好みの乗り味に調整が可能だ。
KUHLのオリジナルホイールのVERZ KROSS X6を装着。ベースモデルはマットブラックとなるが、オプションでスポーク部分にペイントを施すことも可能。塗り分ける事で立体感が強調される。定番のボディ同色だけでなく、全く異なる差し色のもアリだ。

■KUHL JB64

フロントバンパー、フロントグリル、サイドステップを装着。いずれもKUHL独自のストロンググレードFRPを採用するので、非常にしっかりした剛性感を実現。手にした時に違いを感じるだろう。
リヤバンパー本体は74様と同一だが、ジムニーには更にリヤディフューザーを装着。バンパーとの間から見える4テールマフラーはさながらスポーツカーの様で、他のジムニーとは決定的な違いを演出できる。なお固定ロッドはブラックとデモカーに装着するカーボンを設定。
ホイールはRAYSのVERSUS VV21SXをチョイス。ファッション性を追求したデザインだが、RAYSの名前に相応しくもちろん機能性も重視。先進的な軽量化技術「リリーフポケット」を採用し、見た目だけでなく実際に走った時の快適性も追求している。
サスペンションはシエラと同じくショウワガレージの製品をチョイス。オンロードからオフロードまで、あらゆる場面で快適な走りが体感できる。安定感や乗降性を考慮して、リフト量は2インチとしている。

KUHLならさらなるアレンジにもしっかり対応!

KUHLでは自社パーツだけでなく、他社の製品を組み合わせたカスタムも可能。フロントグリルはマーベラス(鳥取県)のXJスタイルで、KUHLのフロントバンパーとまさにシンデレラフィット!フェンダー&アタッチメント部分をチッピング塗装とする事で、通常モデルとは異なり非常にワイルドな雰囲気を醸し出す。しかもリヤにはフローティングディフューザーもセットするので、個性が非常に強い仕様だ。
  • KUHL JAPAN
  • 所在地:〒459-8007 愛知県名古屋市緑区大根山2-503
  • TEL:052-693-980
  • FAX:052-693-9806 
  • 営業時間:10:00〜18:00
  • 定休日:水曜・第1第3火曜日 
  • https://kuhl-japan.com

The post 【KUHL JAPAN】ジムニーらしさを損なうことなく、よりスポーティ性を強調させる! appeared first on LETS GO 4WD WEB.