2023年に創業125周年を迎えたGOODYEAR(グッドイヤー)。1903年ポール・リッチフィールドは、初のチューブレス自動車タイヤに関する特許を取得した。その後は、航空機部門を設立して飛行船の製造にも携わる。1917年にはトラックタイヤの普及を狙ってアメリカ大陸横断トラック便を創設し、トラック輸送のパイオニアとしても君臨、1926年には世界最大となるタイヤ・ゴムメーカーへと発展していった。

 そんなグッドイヤーが日本へと進出したのは、1952年のこと。1959年にはアメリカ本社で開発され、グローバルに高い評価を得ていたスノータイヤを日本のマーケットにも導入し、脚光を浴びる。1971年にはアポロ14号の月面探査車のタイヤにグッドイヤーのモデルが装着され、大活躍。もちろん、モータースポーツ界へも以前より積極的に参戦しており、アメリカ本社創設100年となる1998年にはF1で368勝を達成し、2014年にはアメリカの最大モータースポーツであるNASCARのオフィシャル・タイヤ・サプライヤーとして60シーズン目を迎えていたほど。もちろん、今後を見据えた最先端といえる研究も積極的に行なわれており、近未来に向けてAI技術を採用し、考える頭脳を与えたコンセプトモデル、さらには、センサー技術を採用しエネルギー効率の向上を目指して提案したモデル(トヨタ・CONCEPT‐愛iに装着)など、さまざまなアプローチを試みている。

 最近の製品としては、年間での履き替えをせずとも、突然の降雪に対応できるオールシーズンタイヤをリリースし、日本においても大ヒットとなっている。そして、グッドイヤーの4WD&SUV専用ブランドといえばWRANGLER(ラングラー)がお馴染み。かつてはジープの専用モデルとして長きに渡ってタッグを組み、モデルごとに異なる走りを提案してきた。まさに、4WD&SUVの走りを支え、そして可能性を引き出してくれたブランドともいえる存在である。

■WRANGLER ALL-TERRAIN ADVENTURE with Kevlar

オフロードとオンロードどちらも走る方におすすめのタイヤ。タイヤのバンド部分に、デュポン社が開発した高強度かつ高級でもあるアラミド繊維「ケブラー」を採用し強靭なトレッド構造を実現している。また、さまざまな地形に対応できるようにデザインされたブロックパターン、そこに刻まれたサイプを特徴とする。

■WRANGLER AT/S

街乗りからフィールドまでカバーするマルチパーパスタイヤ。ジグザグに形成された溝が、オフロードで高いトラクションを発生。横方向の広く深い溝は、オフロードでの強力なトラクションを確保すると共に、優れた排水性も実現する。また、ブロックに段付きの傾斜を入れることで、不整地でのブロック飛びを抑制。

■WRANGLER AT SLENTTRAC

街乗り中心のユーザーにも適したマルチパーパスタイヤ。オンロードにおける快適性やロングライフを求めて設計。トレッドパターンは、ショルダー部とセンター部のストレートグルーブによって分けられれ、センター部はハンドリングやウェット性能を引きだし、オフロードにおける走破性も期待させてくれる。

■WRANGLER DURATRAC RT

沼地や岩山もアクティブに 走りたい方におすすめのタイヤ。センターではハンドリングや静粛性を求めたAT的な役割を与え、ショルダーでは、ブロックにさまざまな角度を組み合わせて走破性を高めつつ、一方で、溝部分を大きく確保することで、サンドやマッドにおいて目詰まりを防ぐMT的な役割を与えている。

ライフスタイルを徹底的に応援してきた歴史

4WD&SUVに求められるタイヤ性能とは、日常性を求めたり、快適性を期待したりされるだけではなく、オフロードにおいて外部からのダメージを受けづらく、それでいながら乗り心地が良くなければならない、といったさまざまな性能をバランスさせる必要がある。つまり、どこへでも出掛けられ、そこから帰ってこられること。過去のカタログには、それをしっかりと実現しているのがラングラーであることが記されていた。

最先端の技術で時代の ニーズに応えてきた

グッドイヤー唯一の4WD・SUV専用ブランドであるラングラー。ゴツゴツしたタイヤパターンを持つ力強いデザインは、ラフロードを走破するための単なるタイヤの領域を越え、実用美を追及したものである。その基本理念は、50年以上も前から変わっておらず、1977年の広告では、Wranglerシリーズがラフロードを走破するのに、またスタイルアップになくてはならないタイヤであることが表現されている。

過酷なレースで実証、高い技術力

グッドイヤーはモータースポーツへの参戦も積極的に行なっている。最近では、1月に行なわれたばかりのダカールラリー2024において、3台のトラックで参戦を宣言していたオランダのチーム・デ・ルーイの公式タイヤサプライヤーとしてレース用タイヤを提供。それはサンド、ロック、急な登り坂や下り坂などを、高い走破性、さらにはハイレベルの堅牢性を特徴としているが、高速での走行が続くシーンでの発熱を大きく低減し、砂漠といった厳しい条件下での耐久性の高さも謳う。モータースポーツにおいては、高性能なタイヤであることはもちろん、そのタイヤ管理についてもマネージメントを担っており、ラングラーなどの市販モデルへのフィードバックも積極的に行なっている。

ドレスアップにも効果的

デュラトラックRT

ATサイレントトラック

デュラトラックRT


ラングラーというブランド名は、アメリカを代表する4WD・SUV専用タイヤとして君臨。最新のラングラーはアグレッシブな表情を特徴としており、その走りをダイレクトにイメージさせてくれるだけでなく、スタイルアップにも大きな効果を発揮する。どのタイプのラングラーを選択しても、4WD&SUVらしさを高める効果を持っている。
  • 日本グッドイヤー株式会社 
  • 0120-609-188(フリーダイヤル)
  • https://www.goodyear.co.jp

The post 【GOOD YEAR】長きに渡り4WD&SUVの走りを支え、走りの可能性を引き出してきた、生活に寄り添うラングラー! appeared first on LETS GO 4WD WEB.