快適性も安定性も追求する!それがカンサスの目指すもの

ランドクルーザーをはじめ、様々な4WDのカスタムパーツを40年以上に渡り提供し続ける「4×4エンジニアリングサービス(以下4×4ES)」。同社を代表するアイテムは数多くあるが、その中でもカントリーサスペンション(通称カンサス)は、オフロード性能の向上だけでなくオンロードの安定性も追求した、4×4ESのスタンスを具現化した製品と言える。高いオフロード走破性を実現しても、日常の快適性を損なっては意味がない…それを実現するためにスプリングとショックアブソーバーと一体で開発を実施することで、あらゆる路面に対応したバランスを重視した足回りを実現している。

 ショックアブソーバーは様々なユーザーの好みに対応できる様に、減衰力の切り替えが可能。また車種によってはハーモフレックやHLSバルブといった細かな振動をいち早く吸収してくれる機構も採用。ただ車高をアップするだけでなく、快適性も追求していると言えるだろう。

 他にもリジッド車の直進性を高めるステアリングダンパーや強化ブッシュなども設定しており、足回りをトータルでチューニング可能。それに加え新たにMCB(モーションコントロールビーム)が新登場。カンサスと組み合わせることで、より上質な乗り味へとアップグレード可能で、ぜひその違いを自らの愛車で体感していただきたい。

新登場のMCB(モーションコントロールビーム)

新開発した〝MCB〟の核となるのは、アイシン製のフリクションダンパー。これはラダーフレームの3カ所に装着することで、ボディの剛性感をアップし、ロール量の提言を実現する。また波状路を通過した際に発生する不快やフロアの振動を即座に吸収してくれるものだ。ただフレームを繋げば良いわけではなく、取り付け位置やステーの強度でフィーリングは全く異なるのだ。4×4ESでは徹底的にテストを繰り返し、フロントバンパーの後部、トランスミッション前方、スペアタイヤの上の3カ所に装着。カンサスはもちろん、ノーマルや他社のサスペンション装着車にも対応するので、乗り心地をアップグレードしたい人は要注目と言えるだろう。
MCBを装着したデモカーの150プラドは、カンサスで約2インチリフトアップ。試乗するとその違いは明白で、少し旋回しただけで明らかに安定感がアップしている。速度を上げるとボディの剛性感の向上をより実感できるが、かと言ってガチガチな印象もない。ロールスピードが装着前より遅くなったことで減衰力を柔らかく設定でき、よりコンフォートな乗り心地に変更できる。快適性がアップするが、シャープなステアリングフィールも楽しめるので、より上質な走りを楽しむことができるだろう。

カントリーサスペンションキット

150プラド用のカンサスの最大の特徴は、フロントショックに車高調式を採用している点だ。搭載エンジンによってリフト量はことなるが、フロンとは最大で80㎜のリフトアップが可能。前後ショックとも減衰力の調整が可能で、フロントは40段、リアは14段ときめ細かな設定が可能。リヤショックにはハーモフレック機構が搭載されており細かな振動を即座に吸収してくれるので、乗員に優しい、快適な乗り心地を実現している。
リフトアップする事でオフロードでの走破性は高まるが、それと同時にオンロードでは安定感を損なうことになりかねない。もちろん4×4ESではオンロードの安定性や快適性も追求。車種によってはハーモフレック機構を内蔵したビッグカントリーショックを組み合わせる事で、細かな振動をしっかりと抑制しており、ノーマルを凌ぐ上質な乗り味を実現。ビンテージランクルにもお勧めしたいアイテムだ。

GDJ76用カンサス開発中!

昨年登場した新型70のGDJ76。4×4ESでは2インチアップのカンサスの開発をすでにスタートさせているが、リリースまでにはもう少し時間がかかりそうだ。今回はフロントサスに15㎜のコイルスペーサーを装着。スプリングはノーマルだがノーマル車高用のビッグカントリーショックに変更。実は新型70はお世辞にも乗り心地が良いとは言えないのだが、ショックアブソーバーを交換することでかなり快適性が向上する。またストローク量もアップできるので、オフロードでのポテンシャルを高めることが可能だ。
ヘビーデューティな金属バンパーやウインチを搭載すると、ノーズがどうしても下がり気味となる。それを補正する目的で15㎜のコイルスペーサーを開発したが、今回のデモカーにはそれを装着。結果的に前下がり気味の姿勢を補正し、フラットな車体姿勢を実現している。
4×4ESでは、リフトアップ用だけでなくノーマル車高〜1インチリフト用のビッグカントリーショックを以前からGRJ76用として発売中。GDJ76にも装着が可能で、ノーマルショックよりも長いためストローク量をアップすることができる。いきなりサスペンションを交換するのではなく、まずはショックの交換だけでも大幅な変化を楽しむことが可能だ。
  • 4×4エンジニアリングサービス
  • 愛知県名古屋市中川区広川町1-1-2
  • 052-715-4411
  • https://www.4x4es.co.jp

The post 【4×4エンジニアリングサービス】新型70用のパーツはもちろん150や300用のパーツも展開中! appeared first on LETS GO 4WD WEB.