ジムニーカスタムの老舗であり、コンプリートカー販売の元祖的な存在でもあるスージースポーツ。その最新デモカーはオリジナルパーツをふんだんに装着したJB64だ。外観の特長は、メインパイプに72φという極太サイズを用いた前後のチューブバンパーだ。アプローチ&デパーチャ角を強く意識したこれは、オフロード走行が有利になることはもちろん、ワイルドな印象を与えることにも一役買っているアイテムだ。また、リアはナンバー移設キットが必要になるが、テールランプはノーマルの流用装着が可能だ。
足回りはスージースポーツオリジナルのニュークロス40㎜アップキットをインストール。14段の減衰力可変ショックアブソーバー&スプリング、前後ラテラルロッド、ロングブレーキホース、キャスタードリーム、メンバーダウンブラケットからなるキットは、たっぷりとしたストローク量を誇ることが自慢だ。これと14段の減衰力可変ショックアブソーバーを駆使することで、オフロードではよく伸びよく縮む足となり、オンロードでは優れた高速安定性を得る足にもなる。そのエクステリアデザインから、オフロードに特化したカスタムが実施されていると思われがちだが、それは間違い。正確には、オフロードもオンロードもオーリマイティにこなすことができる仕様へと仕上げられているのが、このデモカーなのだ。同社のコンプリートカーであるNEO‐3をベースに、これと同じ仕様へとカスタムすることも可能としている。

オフロード走行を強く意識したSUZYオリジナルのチューブバンパー。ウインチベース、スキッドプレートの追加も可能。フロントグリルはアピオ製をインストロール。ウインチは軽量なカムアップの電動ウインチを装備している。
フロントと同じくメインパイプに72φという極太サイズを使用するリアのチューブバンパー。テールランプは純正サイズが装着可。
【NEW CROSS 40㎜アップサスペンションキット】14段の可変ダンパーとスプリングで40㎜アップを可能にするキットは、ラテロッドやダウンブラケットなどの補正用のパーツも全て揃ったものとなっている。
【ミニコンゲージ】ミニコン装着車の追加アイテムとしてリリースされたのが、ブースト圧などを表示するミニコンゲージ。OBD2からブースト圧を検出するよりも、レスポンス良く正確な数値を示すことができる。
40㎜アップにアップに伴い、プロペラシャフトとクロスメンバーの干渉を防ぐメンバーダウンブラケットはマスタピースを使用。
オフロード走行を強く意識したSUZYオリジナルのチューブバンパー。ウインチベース、スキッドプレートの追加も可能。フロントグリルはアピオ製をインストロール。ウインチは軽量なカムアップの電動ウインチを装備している。
リアウインドーの上部に位置するストップランプを覆うカバーを、スタイリッシュなカーボン調へと変更するアイテム。
9㎜幅サイズのフェンダーモールは、車検対応のJAOS製をチョイス。ブラック×ブルーという二色コーデもマッチした選択だ。
チューブバンパーのデザインとも似たRV-INNOのルーフキャリアを装着。風きり音も少ないフラットタイプのルーフキャリアだ。
雨や夜などでも視野性の良いシーケンシャルブルードアミラー。シーケンシャルウインカー、ミラーヒーターも対応可能。
ホイールはMLJのXTREAM-J XJ04。タイヤはYOKOHAMAのジオランダー M/T ワイルドトラクション(195R60)。
  • スージースポーツ
  • 03-3308-4444
  • https://suzy.co.jp/

The post 「スージースポーツ」オールマイティをワイルドな外観で可能にするJB64 appeared first on LETS GO 4WD WEB.