21日午後、大阪府富田林市の現職の市議会議員が、大阪市福島区の朝日放送本社で刃物を出したとして、現行犯逮捕されました。

銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、富田林市議の左近憲一容疑者(70)です。左近容疑者は午後3時20分ごろ、朝日放送1階の応接コーナーで、隠し持っていた包丁を出した疑いが持たれています。左近容疑者は、自身の政務活動費をめぐる以前の報道に抗議するため、として朝日放送を訪れていて、報道局の幹部職員2人が応対していましたが、けが人はいません。左近容疑者は警察の調べに対し、「文書を提出した後、自分の腹を切るつもりだった」と供述しているということです。朝日放送は、「詳細は警察の捜査を待ちたいと思いますが、報道にかかわる話し合いの中で、こうした暴力的な行為がなされたことは、誠に遺憾です」としています。