京都・祇園祭のクライマックス・前祭の山鉾巡行が行われ、きらびやかな飾りをつけた山と鉾が都大路を練り歩きました。

午前9時過ぎ、先頭・長刀鉾のお稚児さんのしめ縄切りで巡行がスタート。23の山と鉾は、祇園囃子とともに、都大路を進みます。見せ場は、曳き手が音頭に合わせて方向転換する「辻回し」。3連休最終日の17日は、見物客22万人が古都の雅を堪能しました。後祭の山鉾巡行は、来週24日に行われます。