神戸市北区で高齢の夫婦ら5人が殺傷された事件で、銃刀法違反の疑いで逮捕されていた26歳の孫が祖父に対する殺人容疑で再逮捕されました。

殺人の疑いで再逮捕された竹島叶実容疑者(26)は16日、神戸市北区の自宅で、同居する祖父の南部達夫さん(83)を金属バットで殴り、包丁で突き刺すなどして殺害した疑いがもたれています。竹島容疑者は警察の調べに対し、「黙秘します」と話しているということです。司法解剖の結果、南部さんが死亡した原因は、首を切りつけられたことによる失血死で、全身の刺し傷や切り傷が少なくとも10ヵ所近くに上ることがわかりました。現場の周辺では、南部さんの妻の観雪さん(83)や、近所に住む辻やゑ子さん(79)も刃物で刺されるなどして死亡し、竹島容疑者の母親(52)ら2人も重傷を負いました。母親は、「自宅で物音がしたので見に行くと、息子が家族に襲いかかっていた」と証言していて、警察は、他の被害者についても竹島容疑者が襲ったとみて捜査しています。