京大防災研究所が、木造住宅の耐震化を進めようと、震度7の大地震の揺れにも耐えられる工法の実験を公開しました。

実験で家屋を揺らしてみると、2階部分は激しく揺れますが、1階はびくともしません。京大防災研の川瀬博教授らが、地震による古い木造家屋の倒壊を減らそうと開発したのが「壁柱」です。パネル状につないだ角材が揺れにあわせて変形して衝撃を吸収。倒壊を防ぎます。きょうの実験では、去年の熊本地震と同じ震度7の揺れが再現されました。川瀬教授らは、今後、この工法の普及を加速させたいとしています。