奈良県五條市の吉野川でおととい、川遊び中に流されて行方不明になった17歳の高校生が、遺体で見つかりました。

大阪府柏原市の高校3年生・武藤拓弥さん(17)はおととい午後、高校の友人5人とバーベキューなどをしに訪れた吉野川で、対岸に向かって泳いでいたところ、姿が見えなくなりました。警察や消防が70人態勢で捜索を続け、午前8時過ぎ、行方不明になった現場からおよそ1キロ下流の水中で、武藤さんの遺体を発見しました。現場付近は当時、台風5号の影響で水かさが増し、流れも速くなっていたということです。