兵庫県淡路市の本部事務所に使用禁止決定が出た指定暴力団・神戸山口組が、神戸市の関連施設で定例会を開きました。

きょう午後、神戸市中央区にある神戸山口組の関連施設で開かれた定例会には、幹部らが集まり、今後の組織運営について話し合ったとみられます。神戸山口組は、おととし8月に山口組と分裂して以降、淡路市の直系団体「侠友会」の事務所に本部を置いています。兵庫県の「暴力団追放センター」は、先月、地元住民の要請を受け、この本部の使用禁止を求める仮処分を申し立て、裁判所が認める決定を出していました。警察は、神戸山口組が定例会を開いた関連施設に本部を移転する可能性があるとみて警戒を強めています。