奈良市にある富雄丸山古墳が、古墳としては国内最大となる、直径110メートルあることがわかりました。
  
奈良市埋蔵文化調査センターによりますと、富雄丸山古墳は4世紀後半に造られたとみられ、1972年の調査では直径が86メートルとされてきました。奈良市が今年5月から8月にかけて上空からレーザーを当てて詳しく計測したところ、これまでより20メートル以上大きい110メートル前後あることがわかりました。丸い形をした古墳では国内最大とされてきた埼玉県行田市の丸墓山古墳の直径105メートルを上回り、国内で最大になるということです。