ギャンブル依存症問題を訴える団体が、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を進める大阪府の松井知事に対して、要望書を提出しました。

政府は、今国会でIR実施法案の成立を目指していて、カジノについては、日本人客の入場回数に上限を設けるなど、ギャンブル依存症を助長しないよう規制を盛り込む方針です。一方、IRの誘致を進める大阪府と市は、「行き過ぎた規制は、IRの規模や魅力の縮小につながる」との立場です。こうした中、ギャンブル依存症の患者や家族を支援する民間団体は、松井知事に対し、依存症対策を強化するよう要望。「行政だけの支援では、行き届かない点がある。民間団体、また取り残されてる家族の意見を聞いてほしい」と話しました。