去年10月に2人が死傷した大阪市西成区のアパート火災で、放火の疑いで逮捕された女性について、大阪地検は不起訴処分としました。

去年10月、西成区にある3階建てのアパートで火事があり、3階に住んでいた男性(当時82)が死亡。2階の男性が煙を吸って病院に運ばれました。3階に住む女性(73)の部屋の前に置かれた本棚などが激しく燃えていたことなどから、現住建造物等放火容疑で女性が逮捕されていました。大阪地検は15日付で女性を不起訴処分とし、不起訴の理由は明らかにしていません。