和歌山県印南町で今月11日、88歳の女性が倒れているのが見つかり、その後、死亡した事件で、71歳の女がひき逃げの疑いで逮捕されました。

過失運転致死などの疑いで逮捕された、農業を営む川口一枝容疑者(71)は11日夕方、印南町印南原にある自宅の農業用ハウス前の道から軽トラックを発進させる際、近くに住む井上百合子さん(88)をはねて、そのまま逃げた疑いがもたれています。井上さんの死因は「外傷性ショック」で、ろっ骨や骨盤など、遺体には多数の骨折がありました。警察は、井上さんの衣服に残っていた痕跡から軽トラックを割り出しましたが、川口容疑者は調べに対し、「人の姿は見ていないし、(車を走らせて)何も感触はなかった」と、容疑を否認しているということです。