23日午前9時に台風15号が発生しました。このあと近畿地方にかなり近づき、最接近は23日夜から24日未明にかけての見込みです。

 11時30分時点の雨雲を見ると、台風からの湿った空気の影響で、この時間広い範囲で雨が降り、南部では土砂降りとなっているところもあります。

 現在、和歌山県内に大雨警報が発表されています。土砂災害に警戒してください。

 この後、近畿全般に雨が続き、特に南部を中心に雷を伴い非常に激しく降る恐れがあります。

 予想される降水量は南部の多い所で180ミリ、うねりを伴う高波や強風にも注意が必要です。