京都三大祭の一つ葵祭が開かれ、平安貴族の衣装を身にまとった優雅な行列を見ようと沿道には多くの人たちが集まりました。

 15日午前10時半、平安王朝の装束を身に着けた約500人の行列が京都御所を出発し、下鴨神社へと向かいました。
 葵祭は、約1400年前に五穀豊穣を祈ったのが始まりとされ、江戸時代に牛車などを葵の葉で飾るようになり、「葵祭」と呼ばれるようになりました。

 祭のヒロイン、斎王代を務めるのは、京都市の会社員松浦璋子さん(22)。
 鮮やかな十二単に身を包んだ優雅な姿で、集まった約1万5000人を魅了しました。
 行列は下鴨神社を経て、上賀茂神社までの約8キロの道のりを練り歩きます。