6月19日、都内で「乃木坂46タイ観光大使就任記者発表会」が行われ、乃木坂46メンバーの齋藤飛鳥、白石麻衣、新内眞衣、高山一実、西野七瀬、堀未央奈、松村沙友理の7人が登場した。


 今回、タイ国政府観光庁(Tourism Authority of Thailand)は、女性の観光客誘致を狙うべく、プロモーション動画「こんなタイ知らなかった」とグラフィックを作成。“自然・遺跡・ショッピング・グルメ”を軸に、実際にメンバー7人がバンコク・アユタヤ・プーケットを訪れて撮影し、それぞれのエリアの楽しみ方などタイの魅力を伝えている。

■メンバー7人が3エリアに分かれて撮影

 バンコクを訪れた齋藤飛鳥、新内眞衣、堀未央奈の3人は、周囲が一望できるホテル最上階のバーで撮影を行った。

「こんな景色、みんなで見られることなかなかないので貴重な体験でした」(新内)

「『怖いね』って言いながらも、すごくきれいで見入ってしまいました」(堀)

「(街中の撮影で)すごくカラフルで、いるだけで楽しい。トゥクトゥクもカラフルで、街を歩いているだけで楽しかったです」(齋藤)


 アユタヤを訪れたのは、高山一実と西野七瀬。アユタヤ遺跡や象と撮影を行ったという。

「(アユタヤ遺跡は)どんな立ち方しても様になるというか。ゲームの世界に入ったような感じがして素敵でした」(高山)

「(象が)初めは怖かったんですけど、歳が近かったみたいで、気が合ってすごく楽しく撮影できました」(西野)


 白石麻衣と松村沙友理は、プーケットでの撮影。

「空と海がこんなにきれいだと思わなくて。ビーチも時間がゆったり流れているので、身も心も癒されました」(松村)

「(ルーフトップバーは)水平線をずーっと見ていられる。異国文化が入り混じったオールドタウンというところも、女子にはおススメです」(白石)


 さらに、撮影中に撮った写真の中から、それぞれが選んだお気に入りの1枚も紹介。

 松村は、「タイトルは『彼女とプーケットなう。に使っていいよ』です。麻衣やんのことを彼女って言っただけでデレデレしちゃう」と、白石を絶賛しつつ写真を紹介した。


 西野は、青色が特徴の飲み物が高山の上唇に付いた写真を選び、「あざとさを感じる写真です」と紹介。

 堀は、器がスイカの飲み物を飲んでいる齋藤の写真を選択。「この後飛鳥が浮かれちゃって、頭の上にスイカを乗せたあとこぼすっていう」と撮影時のエピソードを明かすと、齋藤も「浮かれちゃいました。おいしくて」と話した。

■「AKB総選挙は見てません…ウソです」

 記者発表会後には、写真を撮った枚数の話に。「私の方が麻衣やんのこと撮ったと思う」と話す松村は、「白石とプーケットって…もう最高なんですよね。空も海も砂浜も、白石もきれい。何をしても絵になる。そうさせるのがプーケットです」と熱く語った。

 17日に行われた「AKB総選挙」の質問が出ると、不穏な雰囲気を察したのか、「見てません……ウソです」と話す松村。NMB48・須藤凜々花が発表した“結婚”に話が及ぶと、「私たちもAKBさんの公式ライバルとしてできたグループだったので、AKBの功労者であるまゆゆさんがいなくなっちゃうのは寂しいと思います」と回答。さらに、「結婚については?」と追及されたが、「まゆゆさんが…」と答え、和やかなムードにさせた。


 なお、オリジナルのインスタグラムアカウントも開設され、記者発表会中に撮影されたメンバー7人の自撮り写真が投稿された。このアカウントでは、秘蔵オフショットも随時投稿される予定だ。

(C)AbemaTV/撮影:野原誠治