森口博子オフィシャルブログよりスクリーンショット


 歌手の森口博子が、ブログで、17日放送の「はじめてのおつかい 夏の大冒険スペシャル」(日本テレビ系)で、女優・石原さとみに再会した喜びをつづっている。


 7月17日放送の「はじめてのおつかい 夏の大冒険スペシャル」(日本テレビ系)の番組収録で石原に会った森口。ブログでは、「メイクルームで『博子さあ〜〜ん、ひぃ〜〜ろこさあ〜〜ん』と今にも泣きだしそうな声が…振り返ると???石原さとみちゃん」「『きゃああああさとみちゃあああん、久しぶりーーーー』2人歓喜の声を上げながらハグ」と、メイクルームで感動の再会を果たしたときのことを振り返る。


 2人は、2003年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説「てるてる家族」で共演して以来の仲。撮影当時17歳だった石原について、森口は「私がデビューした時と同じ年齢ですが、しっかりしていました。冷静に役に向き合う姿は、既にプロでした」と大絶賛。


 当時の忘れられないエピソードとして、「さとみちゃんが撮影の合間に、NHKの近くで玉ねぎたっぷりのハヤシライスを食べた時…玉ねぎ好きの私の事を思い出してくれて、そのお店を教えてくれた」「優しい子でした。でけた子やで〜〜」と回想した。


 また現在の石原に対しては、「大女優になってもこんな変わらない屈託のない、素直なところが、やっぱり可愛いすぎる」「すっかり大人の色気のあるお姉さんに。こんにゃろ〜〜」と、成長に感動しつつ、変わらないかわいさにほれぼれしたようだ。