タレントの江口ともみが、韓国料理で初のミシュラン2つ星を獲得したお店を訪れたことを自身のブログで報告。絶品料理の数々を紹介している。


 江口が訪れたのは、大阪にある『ほうば』というお店だ。『ほうば』はミシュラン2012年版で、韓国料理として初のミシュランの星を獲得し、2016年版では2つ星に昇格。江口は、芸能リポーターの井上公造、朝日放送(ABC)の塚本麻里衣アナ、夫のつまみ枝豆とともに同店を訪れた。

 世界のミシュランが高く評価するだけあって、その料理のラインナップは驚きの一言だ。ブログ記事には、料理が一品一品紹介されているが、江口は、15種類もある前菜のナムルについて、「このビジュアルだけで気分は上がりますよね」とつづり、その後の料理も、「今までのチヂミの概念を覆されます」(チヂミ)「美味しいとしか言いようがない」(アワビのリゾット)「身がふわっ皮パリッで絶妙な山椒の美味しさ」(鰻)「とろけました」(泉州水ナスwithウニ)と、のきなみべた褒め。


 このほかにも「松茸とフカヒレのスープ」「牛スジ煮込み」なども登場したそうだ。ただ、実際にこの味にたどり着くのは、かなり大変そうだ。ブログによれば、「井上公造さんにお誘い頂いたのが確か冬・・・そう、予約取れたのが5ヶ月前だったのです」で、「次の予約取れるのはいつごろですか?と聞いたところ11月の末、その次は年明けでした」とのこと。


 絶品料理を心ゆくまで堪能した江口だが、この予約状況には驚いたようで、「事務所にスケジュールNG出して予約とらなくちゃです(笑)」と、記している。


(画像はすべて江口ともみオフィシャルブログより)