タレントの井上和香が7月28日、愛娘が憧れる“うたのお兄さん”こと横山だいすけとの遭遇について報告。そのほのぼのとしたひとコマが、ファンの間で話題となっている。

井上和香公式ブログよりスクリーンショット


 これは同日、井上が自身の公式ブログに投稿した『たからもの(ハート)』という記事のことで、この中で彼女は、「いつか会えたらいいな いつかコンサートに行けたらいいな なんて思ってたら、突然夢が叶う日が来ました」「まさかだいすけお兄さんとお仕事をご一緒する日が来るなんて 日本テレビ『世界一受けたい授業』の収録でお会いする事ができました」と、番組の収録で、母子ともに憧れる横山と共演したことを報告。


 そのため、彼女は収録前から「娘にも何日も前から、『だいすけお兄さんにもうすぐ会えるよ』と伝えていて、うっすら理解してるようなしてないような…」と、愛娘にそのことを伝えていたというが、実際に会ってみると、「収録前にだいすけお兄さんとご対面 キャーと喜ぶのかと思ったら、真顔 『ほら、だいすけお兄さんだよ!』と言っても 真顔 だいすけお兄さんも、『こんにちはー!』(と言ってくれても) 真顔 嘘でしょう〜〜〜〜〜〜」「だいすけお兄さんを観ながら真顔。というか、硬直してる感じそして、今まで見た事ないくらいの号泣 しゃくりながら?というのか、ヒックヒックしながらの大号泣」と、なんとも意外なリアクションを見せたことを紹介。


 まだ2歳になったばかりという彼女にとっては、日頃、テレビで見ていたお兄さんが、目の前にいるという状況が、あまりに衝撃的すぎる出来事であったようだ。


 こうした思わぬ展開になりつつも、「泣いちゃったけど、会えて嬉しかったようで私もよかった」と、憧れのお兄さんとの面会を喜びつつ、「またお会いできる事があったら、次こそは笑顔で会えたらいいな〜」と、次回の“リベンジ”を誓った井上。その思いがかない、次回会うことになった暁には、満面の笑みでの集合ショットに期待したいところだ。