映画『ブランカとギター弾き』の声優・新田恵海が登壇する音声ガイド付き上映イベントが決定した。

 日本人として初めてヴェネツィア・ビエンナーレ&ヴェネツィア国際映画祭の全額出資を得た長谷井宏紀(ハセイコウキ)監督がフィリピンを舞台に撮影し、世界中の映画祭で高い評価を得た話題作『ブランカとギター弾き』がシネスイッチ銀座ほかにて7月29日(土)より全国順次ロードショーされる。


 舞台はカラフルでエネルギーに溢れたマニラのスラム。YouTubeの歌姫として国内外で人気を集めていたブランカ役のサイデル・ガブデロは演技初挑戦ながら、美しい歌声と演技力で観る者を強く惹きつける。彼女に生きる術を教える盲目のギター弾きには、生涯を通して実際にフィリピンの街角で流しの音楽家として活躍していたピーター・ミラリ。その他、出演者のほとんどは路上でキャスティングされている。そして劇中、演奏されるスペインをルーツにした素朴で温かいフィリピン民謡「カリノサ」は必聴。母親を買うことを思いついた孤児の少女ブランカと、盲目のギター弾きの“幸せを探す旅”。本作はどんな人生にも勇気を持って、立ち向かう価値があることを教えてくれる、心温まる感動作だ。

 過日、主人公ブランカは大人気アニメ『ラブライブ!』で主人公・高坂穂乃果の声優を務めた新田恵海が、盲目のギター弾き・ピーターは『NARUTO-ナルト-』シリーズで三代目火影・猿飛ヒルゼンの声優を務めた柴田秀勝がそれぞれ音声ガイドの吹き替えを務めることが発表された本作だが、この度、新田と一緒に音声ガイド付きの上映を観るイベントの開催が8月1日(火)にシネスイッチ銀座にて決定した。


 ブランカ役の新田恵海は音声ガイド声優を務めるにあたり、映画を観て、「知らない世界に少し戸惑いながら、ブランカとピーターの交流や逞しく生きる姿に、そしてブランカの力強く繊細な歌声に、胸を打たれました。なんて美しいのだろう、と。守ることや信じること、共に生きていくこと、すべてが愛なのだと感じました。家族とは、安らぎとは、そして幸せとは。私も自分なりに見つめ合いたいと思いました。」と話しており、実際に収録を終えて、「ブランカの自然体な雰囲気や、次第に移り変わる心模様に寄り添えたら、と演じました。胸が苦しくなるシーンもありましたが、収録を終えて、切なくもとても温かい気持ちになりました。私にとって本格的な吹き替えが初めての挑戦だったこともあり、とても緊張していましたが、この映画の魅力を多くの方に届けられたら嬉しいです。ブランカの声を演じられて、改めてこの素敵な作品に携われたことを幸せに思います。」と語っている。


 当日は、新田も音声ガイドをつけて、参加者と一緒に映画を観る。上映後には視覚障害のある人も当たり前に映画館に行けるようUDCastアプリの開発にも携わっている松田高加子氏と新田によるトークショーも開催される予定。吹き替えキャストと一緒に作品を観る、という貴重な機会にイベントも盛り上がること大いに期待される。当日のチケットは劇場窓口にて好評発売中だ。


(C)2015-ALL Rights Reserved Dorje Film


?? AbemaTVでは、声優・新田恵海さんが出演しているアニメも見放題!(無料)