モデル・女優の石川恋が、自身最大の夢であった東京ガールズコレクション(TGC)への出演が決定した旨をブログで報告した。

 部活に明け暮れていた高校時代、地元(栃木)から東京まで遊びに来たときTGCの舞台を初めて見て、大勢の観客の前で堂々とランウェイを歩くモデルに憧れ、そのキラキラした世界に心を奪われたという。上京後スカウトされた際、「頑張れば私でもあのランウェイを歩ける日が来るかもしれない」と思ったのが芸能界入りの一番のきっかけだったと語った。


 「一番最初に出来た、私の中での最大の夢。この『TGCに出演すること』は、いくら時間がかかったとしてもどうしても叶えたかったし、ずっとずっと思い続けてきたことです。だから、決まった時は本当に信じられないくらい嬉しかった。嬉しいという言葉では言い表せられないの感動でした。」と、「専属モデル」や「女優」など様々な夢を達成してきたが、そうした一連の夢の中でもTGC出演が最大の夢であったこと、今まで何度もTGCのオーディションに落ちる悔しい思いをしてきたことなどをつづった。


 そして、今は「『努力は必ず報われる』『諦めなければ夢は叶う』という、きっと綺麗事に聞こえるような言葉、、自分自身今まで綺麗事に聞こえていた言葉を、身をもって信じられています。」と述べ、これからもますます大きくなっていく夢を追い続けたいとブログを締めくくった。


 石川が注目を集めたのは書籍『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(ビリギャル)の表紙で金髪の女子高生役を務めた2013年のこと。書籍がベストセラーにもなり、「このモデルは誰?」と評判になったのだ。


 2014年のブログで石川は、TGCに出演出来るようなかっこいいモデルになりたいという大きすぎる目標は恥ずかしくて誰にも言えなかったが、そういう思いをもって最後のチャンスである『ビリギャル』の表紙撮影に臨んだとつづっていた。


 石川は、今までブログやメディアでも自分の夢を何度も公言しており、2015年のブログでも、専属モデルとTGCという2つの夢に向かって、今あるグラビアや雑誌・テレビの仕事を全力で頑張りたいと意気込んでいた。先日、CanCamの専属モデルも決まり、立て続けに夢が叶っている。『マイナビ presents 第25回 東京ガールズコレクション 2017 AUTUMN/WINTER』は、9月2日、さいたまスーパーアリーナで開催される。


(画像はすべて石川恋オフィシャルブログより)