俳優の市原隼人が11月15日、“カメラマン”としての顔をファンに向けて披露。その凛々しく、真剣な表情を見た女性ファンからは、その魅力を称賛する興奮気味の声が相次いでいる。

#hardwork #こんな時が充実してて好きだったりする #ベットが恋しい #トコトン寝てみたい #仙豆くれ… #スチールとムービーのカメラマンとして現場にいる #たまに本業が分からなくなる(笑)

 これは同日、市原が自身の公式インスタグラムに投稿したもので、この中で彼は、「こんな時が充実してて好きだったりする #ベットが恋しい #トコトン寝てみたい #仙豆くれ… #スチールとムービーのカメラマンとして現場にいる」と多忙な日々を紹介しつつ、真剣な表情でカメラを構える姿を披露。


 画像を見たネット上の女性ファンからは「やばーカッコいい(ハート)」「だいすき!!!かっこいい!」「朝から最高な写真見れました。ほんとかっこいいねいっちー」「反則〜!かっこよすぎて」「のめり込むくらい好きなことがあるって素敵なこと」「かっこよすぎだいすき!(ハート)」と、その“カメラマンとしての横顔”を絶賛する声が相次いで寄せられることとなった。


 また、よほどカメラ仕事が忙しいのか、自ら「#たまに本業が分からなくなる(笑) #最近、人物を撮りたくてたまらない」と語った市原。ファンからも、「可愛くとって〜(ハート)」「イッチーにとってほしいです笑」と、自らモデルとして志願する声も出ているだけに、我々も今後の作品づくりに期待したいところだ。