“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく新感覚の爽快ミステリー『未解決の女 警視庁文書捜査官』で、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙を演じている鈴木京香。ドラマの撮影真っ只中の5月31日に誕生日を迎えた鈴木を祝福すべく、このたびドラマの舞台である「特命捜査対策室」第6係のセットでサプライズ誕生会を開催した。


 理沙とバディを組む主人公・矢代朋を演じる波瑠をはじめ、遠藤憲一、高田純次ら第6係メンバーとスタッフが、辞書をかたどった特製バースデーケーキ&『ハッピーバースデートゥーユー』の大合唱で盛大に祝った。


 いきなり誕生会が始まると、鈴木は「えーっ!?」と目を丸くし、うれしそうな笑顔。感激のあまり、隣にいた波瑠を思わずハグする一幕も。50歳になった鈴木は「一世紀の半分を生きてしまいました(笑)。記念すべき節目に皆さんとご一緒できて、うれしいです。もっともっと頑張ります!またご一緒できますよう、祈っております」と挨拶。ケーキに飾られた、理沙のトレードマークであるメガネや自転車、日傘といったチョコレート細工を一つ一つ見つめ、キラキラと瞳を輝かせていた。


 鈴木を中心に、ハッピーな空気に包まれたセット。撮影は残りわずかですが、波瑠らも改めてパワーをもらったよう。波瑠は「最後までスピード感をもって駆け抜けられたら、と思っております」と、決意を表明。また、遠藤が「素晴らしい作品に感謝しております!撮影が終わっても、またみんなと会いたいです!!」と話すと、高田も「楽しい仕事はすぐ終わっちゃいますよね。これからも何かあったら、よろしくお願いします」と話し、ともに『未解決の女』への愛をにじませていた。


最終話(6月7日放送)あらすじ

 百々瀬佐智(谷村美月)を誘拐し、その父・百々瀬博昭(石黒賢)から身代金をせしめて逃亡した秋田昇(岡田浩暉)が、「特命捜査対策室」第6係の熱血刑事・矢代朋(波瑠)を銃で撃って逃走した! まもなく、朋を撃った拳銃と、4日前に藤枝信也(長谷川朝晴)を撃った拳銃が同じものだと判明。どちらも秋田の犯行だったと裏付けられる。


 しかし同時に、不穏な情報も浮かび上がる。なんと使用された拳銃は、科捜研で15年前に登録されている晴海東署のものと同じだったのだ! それが事実ならば、警察の威信にかかわる大問題になってしまう…。「特命捜査対策筆」の室長・古賀清成(沢村一樹)は取り急ぎ、部下たちに箝口令を発令。そんな古賀の前に再び、元刑事局長・野々村慎太郎(岩城滉一)が現れ…。


 その矢先、秋田が潜伏先のホテルで、何者かに胸を刺されて死亡。秋田の自宅からは、思わぬものが見つかる。それは、藤枝の遺体発見現場に落ちていた二千円札と続き番号の札――ともに15年前の3億円強奪事件で3人組の犯人に盗まれたものだった!仮に秋田と藤枝が3億円強奪事件の犯人だったとしたら…2人を殺したのは残る1人の犯人という可能性もある。朋は無事解放された佐智からも話を聞きながら、絡み合う事件の真相を追い求めていくことに。そんな中、3億円強奪事件の捜査資料に目を通した文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は、ある筆跡に違和感を覚え、現物を朋に託すのだが…!?