15日、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の"3坂道"が初共演する『ザンビ』の初日前会見が開かれ、出演する12人のメンバーが役どころや作品にかける意気込みを思い思いに語った。


 本作は7月に行なわれた『乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 〜6th YEAR BIRTHDAY LIVE〜』でサプライズ発表された『ザンビプロジェクト』の第1弾企画で、3坂道の12人が2チームに分かれて行う舞台公演。「TEAM RED」のには乃木坂46から山下美月・与田祐希、欅坂46からは小林由依・土生瑞穂、そしてけやき坂46からは齊藤京子と小坂菜緒、「TEAM BLUE」には乃木坂46から梅澤美波・久保史緒里、欅坂46から菅井友香・守屋茜、けやき坂46からは柿崎芽実・加藤史帆という布陣になっている。


 「TEAM BLUE」を代表して久保史緒里は「謎に包まれている舞台になっていますが、みなさんの期待をいい意味で裏切ることができるよう、チームは違えど全員で頑張っていきたいと思います」、そして毎日フェンシングの特訓をしているという「TEAM RED」代表の与田祐希は「大きなプロジェクトの第一弾がついに始まります。一言で言うと今回の舞台は泣ける舞台なっていて、ホラーの怖さの涙だけではなく、友情、優しさ、逆に人間だからこその怖い部分も繊細に描かれていて、私達もたくさんたくさん心を動かされる部分があります。感動、もどかしい気持だったり、いろんな気持になっていただけると思います」とアピール。

 守屋茜によると、作中には歌唱シーンもあり、それぞれのグループのカラーが出ているところが見どころだという。梅澤美波は「初めて顔合わせをしたときに、いい意味で"はじめまして"感が無かった。みんな人見知りだし、"やっぱり坂道なんだな"というのを稽古でも感じていた。舞台上の楽曲のパフォーマンスの見せ方も、それぞれのグループのらしさが出ていると思います」と説明。

 他のグループのメンバーから"かっこいいイメージ"と評された欅坂の土生瑞穂は「最近お昼ごはんにスモークチキンを食べるのにハマってたんですが、乃木坂さんやひらがなちゃんはイチゴとかパンケーキとか、甘くて可愛らしい食べ物を食べてるのかなと思ったら、久保ちゃんがスモークチキンを食べてて…」と暴露。すると久保は顔を赤らめて「見られてたなんて!」と反応。そこに齊藤京子が「みなさん食べてらっしゃるものがナッツやフルーツで。私はラーメンばかりなので、食べているものがお肌に出てるなって(笑)」と冗談を飛ばした。

 一方、公演経験のある乃木坂・けやき坂と違い、今回が初めての舞台となる欅坂の菅井友香は「初めての舞台なので学ぶこともたくさんあって…」、12人中最年少となる小坂菜緒は「足を引っ張らないように全力で走り続けたい」と緊張感も覗かせていた。

 明日から第一弾がスタートするものの、久保の紹介の通り『ザンビ』プロジェクトの全体像は未だ謎に包まれている。記者から「きょう発表できることは?」と問われた山下美月は少し考えた後、「実は乃木坂46の齋藤飛鳥が映像で出演しています。実はこれから『ザンビ』という作品でとてもとても重要な人物になっていくんですけど、まぁ段々とわかっていくと思います。今回は大きいスクリーンで飛鳥さんの小さい小さいお顔を、まつげの一本一本まで綺麗に見えるので、飛鳥さん推しの方はじっくりと堪能して頂けたらと思います(笑)」と冗談交じりにコメント。場を湧かせていた。


 『ザンビ』は今日から25日まで、TOKYODOME CITYHALLにて公演が行われる。


▶乃木坂46佐藤楓がスペシャルゲストに!『第50回全日本大学駅伝対校選手権記念大会』