「64-ロクヨン-」「クライマーズ・ハイ」などで知られるミステリー界の巨匠・横山秀夫の「影踏み」(「祥伝社文庫」)。警察小説の旗手である横山作品の中でも犯罪者側を主人公にした異色の犯罪ミステリーが、ついに映画化。監督に『花戦さ』の篠原哲雄、主演に山崎まさよしを迎え11月8日(金)より群馬県先行で、11月15日(金)より全国公開する。そんな本作からこの度、メイキング写真と本作の制作秘話が届いた。

 本作では、深夜に寝静まった民家を狙い現金を盗み出す忍び込みのプロ<ノビ師>という、孤高の泥棒を山崎まさよしが演じる。証拠も残さず決して口を割らない、その高く強固な壁を思わすしたたかさかから、名前をもじって“ノビカベ”とあだ名される凄腕の泥棒。そんな主人公・真壁修一(山崎まさよし)は、ある日忍び込んだ先で偶然遭遇した事件をきっかけに逮捕されてしまう。2年後、刑期を終え出所した修一は、まだ自分が逮捕された事と、あの時遭遇した事件に対しての疑惑を抱えていた。何故あの日の侵入がバレていたのか?そして、あの時侵入した家の寝室で夫を殺そうとしていた女(中村ゆり)の行方…。幼馴染みで恋仲の久子(尾野真千子)の制止を聞かずに、修一は相棒であり弟の啓二(北村匠海)と共に事件の真相を求め行動を開始する。しだいに事件と女の裏に潜むいくつもの影が浮かび上がっていく。ただ、事件の謎が解き明かされていくにつれ、修一自身が封印した20年前の悲劇もよみがえる…1つの事件が“過去”の事件を呼び醒すとき、修一、啓二、久子の止まったままの運命の歯車も再び動き出す!真実は、いったいどこにあるのか!?

『月とキャベツ』(1996)の公開から20年以上の時が経ち、映画『影踏み』で再び“月キャベ”コンビが復活!

 山崎まさよし×篠原哲雄監督の名コンビが再び所縁の地“群馬”にて復活し、横山秀夫原作「影踏み」をオール群馬ロケにて実写映画化。この3人を結び付けた「伊参スタジオ映画祭」での出会いから本作を制作するに至るまでのエピソードの紹介と併せてメイキング写真が初解禁となった。伊参スタジオは小栗康平監督が群馬県「人口200万人」を記念して制作された映画『眠る男』の撮影拠点・合宿所で、廃校になっていた学校を改装して作られた。その際スタジオ設立のために奔走したのが本作のプロデューサーでもある松岡周作。その後松岡プロデューサーは地域における映画作りの拠点としてスタジオを運営していくことを決めた。その地域映画第一弾として松岡がプロデュースした作品が山崎まさよしと篠原監督がタッグを組んだ『月とキャベツ』。そして、松岡が設立に携わった伊参スタジオを会場に毎年群馬県で開催されている「伊参スタジオ映画祭」では全編を群馬県で撮影したという縁もあり、『月とキャベツ』は同映画祭にて毎年上映されている。2016年には『月とキャベツ』の公開20周年を記念して山崎は特別コンサートを開催するために会場を訪れており、同じタイミングで映画『64-ロクヨン-』も上映、原作者の横山秀夫もゲストとして招かれていた。

 横山作品の大ファンということもあり山崎は横山と“群馬“の地で意気投合することに。篠原監督は「『月とキャベツ』も公開から時間が経つし、伊参スタジオ映画祭でも上映が続いているので次の映画をそろそろやりたいという話になり、山崎さんが主演なら横山作品で!と2016年当時は映像化されていなかった唯一の作品で人気ミステリー小説「影踏み」の映画化の話になりました」と制作のきっかけを語っている。

 20年以上も前から群馬の地より繋がれてきた縁は切れることなく、映画『影踏み』として再び観客の前に届けられる!


ストーリー

 ノビ師(泥棒)の真壁修一は、ある夜、侵入した稲村邸で、寝ている夫に火を放とうとする妻・葉子を目撃する。咄嗟に止めに入ったが、なぜか偶然、その場に居合わせた刑事に現行犯逮捕される。2年後、出所した修一を迎えたのは、弟の啓二と恋人の久子だけ。なぜ稲村邸への侵入がバレたのか? なぜ自分だけが逮捕されたのか? そして放火殺人を謀った葉子の 行方は―。謎を解明するため、修一は探偵さながらの行動を開始する。


(c)2019「影踏み」製作委員会