国民的アイドルグループ「嵐」のメンバー・二宮和也(36)が12日夜、結婚を発表した。日刊スポーツによれば、お相手は元フリーアナウンサーの女性(38)だという

 ファンクラブへ向けたコメントで二宮は、「嵐の一員として人生の半分以上を過ごして参りましたが、ここで1人の男としてケジメと決断をし、今日、ファンの皆様にご報告させて頂きました。今後とも末永く応援を頂けたら大変に嬉しく思います」と綴った。

 二宮の結婚発表にファンの聖地も沸いている。14日から嵐のドーム公演が予定されている札幌にある、嵐ファンが集まることで有名な居酒屋「あいよ」。結婚発表後初の公演で二宮から直接コメントは聞けるのか、複雑な心境のファンたちを受け入れるため、店では“嵐割”という特別コースを用意しているという。

 また、千葉県船橋市にある二宮神社。嵐ファンの聖地として知られ、コンサートチケットの当選祈願や特に二宮への思いを持って参拝に来る人が多いという。今日参拝に訪れていた二宮ひとすじ14年だという女性は、「朝お父さんが起こしにきて、『いい知らせがあるよ』って。何?って思ったら『二宮くん結婚したよ』って言われて、『いい知らせ?え?うーん…』という感じだったんですけど。二宮くんのファンなので最初はびっくりしたんですけど、二宮くんが決めた道なので、幸せになってほしいなって思います」と話す。さらに、御朱印をもらったというファンの女性は「寂しいですけど、幸せになってほしいと思います。優しい旦那さんになると思います」と胸の内を明かしてくれた。

 なお、二宮神社のお守りは5色だが、これは“嵐カラー”なのか。権禰宜の鳥居南圭吾さんに話を聞くと、「嵐のファンの方がたくさんお見えになるんですが、こちらのお守りを受けておられますね。(絵馬は)社殿に虹がかかったことがございまして、その風景を見て思い立ったもの。虹は一般的には7色なんですけれども、その時私には5色に見えたということで、5色の虹を描かせていただきました」とのことだった。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)