俳優の佐藤健、武井咲、新田真剣佑、大友啓史監督らが、8日の都内で行われた映画『るろうに剣心 最終章 The Final』のPRイベントに登壇した。

この日の催しは、本作における大型映像システム(IMAX・4DX・MX4D)の公開記念に実施されたもの。IMAXでの鑑賞を終えた佐藤は、完成作との相乗効果を「僕はもう3、4回観ているんですが、今日が一番グッときた。なので、IMAXの一択しかない」とアピール。共演した「マッケン(新田)の美しい横顔…まつげばかり見ていましたね。いつも撮影のときに、まつげが長いなと思っていたのですが、今日はたぶん、まつげが2メートルぐらいあった」とジョークを飛ばした。

IMAXという新技術によってもたらせる奥行などの臨場感や没入感。「細かいところも画の中に映っていた」と佐藤。「作り込んだものが、どれも漏れ落ちていない。そういったことに喜びを感じた」と改めて、表現方法の進化、感想も述べた。

新田も迫力の違いについて「いつもの試写のときと違って、指の先の汚れまで見えていた。あとは(アクションシーンで)体がピクっと反応した。たぶん、自分の体が覚えているからだと思います」と説明した。

"2作連続"で描かれるシリーズ最終章は、公開日を4月23日と6月4日に分けて、全国ロードショー。動乱の幕末期と明治維新後の時代を通し、史上最高のクライマックスが落とし込まれる。

なお、6月4日公開の『The Beginning』でも、IMAX上映が決定したそうで、大友監督は「もちろん普通の映画館でも観てほしいのですが、IMAXのスクリーンがベストコンディションです」と推薦。すると佐藤は「IMAXの映画館がもっと普及してほしい」と話しに乗っかり、海外進出を発表している新田に「マッケン、アメリカからお金がある凄い人を連れて来てよ」と想像を膨らませ、会場の笑いを起こしていた。

テキスト・写真:野原誠治