きのうからの大雪の影響で、各地で車の立ち往生が相次いでいる。岡山県では約2600台が立ち往生している。

【映像】立ち往生の列

 岡山県では、国道2号では備前市三石船坂を先頭に25キロの渋滞が発生し、約2600台が立ち往生している。国道事務所は、ドライバーに飲み物などを配布しようと手配しているという。

 長崎県では、諫早市にある国道207号の約9キロの区間では、雪が積もった山道などで乗用車約100台が立ち往生している。現在、体調不良を訴えている人はいない。また、このうち40〜50台は人が乗っておらず、放置された状態だという。県と警察が解消に向けて対応している。(ANNニュース)