亀田製菓が発売した“ある商品”が発売から1週間で100万袋を突破し、ネット上で話題となっている。

【映像】最速で売れた『無限エビ』

話題になっているのは、亀田製菓の『無限エビ』(参考小売価格200円前後)。過去5年間の新ブランド商品の中で最速の記録だという。『無限エビ』は、香ばしい海老の美味しさが特徴の揚げせんべい。製法や原料にこだわり、殻ごと粉砕した海老が生地に練り込まれており、1度食べたら“やみつき必至のお菓子”となっている。

ニュース番組「ABEMAヒルズ」では、亀田製菓を取材。担当者は商品について「もちろん自信を持って発売した『この春期待の商品』ではありましたが社内でも驚きと喜びの声が上がっています!」と喜びをコメントし、美味しさの秘密については「一番は殻ごと粉砕したエビを使用した“濃厚なエビの風味”。そこにまろやかな味わいが特長の『五島灘の塩』を使用する事でエビの美味しさを引き立てています」と教えてくれた。また、“最速で売れた”という理由については「最初は1週間出荷計画で84万袋と見込んでいたところ100万袋も売れ、品薄店舗が増えた」と語った。

そんな『無限エビ』について、SNS上では「初めて食べた時衝撃受けました」「家に常備されている」「ビールとの相性が良すぎる」「食べると無限だから4個だけにする」「食べすぎて残りわずか有限エビになってしまった」といったコメントが寄せられている。

中には『無限エビ』に調味料を“ちょい足し”するなどアレンジする人もいるそう。特におすすめは「無限エビにタルタルソース」をつけて楽しむ食べ方。タルタルソースがエビの旨みをさらに引き立ててくれ、より無限に楽しめるという。
(ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)
 

▶︎映像:発売後1週間で100万袋突破!最速で売れた『無限エビ』がネットで話題