【米大リーグ】エンゼルス−アストロズ(9月22日・日本時間23日 アナハイム/エンゼル・スタジアム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」でアストロズ戦に先発出場し、2打席連続で四球で出塁した。第2打席の後には盗塁を試みたが、一度はセーフと判定されながらベースから足が離れてしまい痛恨の盗塁失敗。「やっちゃった…」とベース横で大の字になる大谷のシュールな姿に、ファンからは「デジャヴすぎる笑」「勢いよすぎ笑」といったコメントが相次いだ。

【映像】大谷、盗塁失敗で“大の字”に

 前日の試合で45号ソロを放ち、本塁打王争いでトップを走るゲレロJr.(ブルージェイズ)とペレス(ロイヤルズ)に1本差まで詰め寄った大谷。しかし昨夜の一発の影響か、この日では相手バッテリーから露骨に警戒され、ストライクゾーンでほとんど勝負してもらえず2打席連続の四球となった。

 ならばと足で勝負だと言わんばかりに、第2打席の出塁後に盗塁を狙った大谷。セカンド・アルトゥーベのタッチよりも早く大谷の足が二塁に到達し、塁審も一時はセーフと判定したものの、スライディングの勢い余って足がベースから離れてしまう。ベース横に転がる大谷にアルトゥーベは落ち着いてタッチし、塁審はあらためてアウトをコールした。

 明らかにセーフのタイミングだったにも関わらず、今季24個目の盗塁とはならなかった大谷は、悔しさのあまりベース横で大の字に。9月4日(日本時間5日)の試合でも勢い余ってベースから離れてしまうシーンがあったため、視聴者からは「デジャヴすぎる笑」「またこれw」「前見たなぁw」「こないだと一緒w」といったツッコミが殺到。手足の長い大谷がグラウンド上に寝転がるシュールな絵面に、「勢いよすぎ笑」「もだえ谷」「ダイノジの大谷」「すまん、面白かった」など思わず吹き出してしまうファンも続出していた。

 大谷はこれがメジャーワーストとなる今季10個目の盗塁死となり、ABEMAで解説を務めたSCOOBIE DOのオカモト“MOBY”タクヤ氏は、「これで盗塁死が単独トップですね」と苦笑い。実況の石黒新平アナは「(それだけ盗塁を)試みている、ということですね」とフォローした。足の速さそのものは疑いようがないだけに、今後はスライディングの正確性をより高めてほしいところだ。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)