【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループD】フランス4−1オーストラリア(日本時間11月23日/アルジャノブ スタジアム)

【映像】本気を出した王者フランスが完璧に崩した逆転弾

 FIFA ワールドカップ カタール 2022グループD第1戦、フランスvsオーストラリアが行われ、前回大会王者のフランスが4−1で勝利を収めた。

 序盤からフランスの猛攻が際立つ展開だったが、意外にも先制点はオーストラリアに転がった。8分、自陣中央から右へと大きく展開し、マシュー・レッキーのクロスにクレイグ・グッドウィンがゴール前ダイレクトで合わせてあっという間の連携でネットを揺らした。

 これでオーストラリアが勢いに乗るかと思われたが、むしろフランスはこの失点で目が覚めたようだった。27分、兄リュカ・エルナンデスが負傷交代となったことで急遽13分からピッチに立ったテオ・エルナンデスがゴール前にクロスを送ると、アドリアン・ラビオがドンピシャでヘッドして、同点。さらに32分、敵陣高い位置からのプレスでボールを奪ったフランスが一気にゴール前に侵入し、ラビオからの優しいパスをオリビエ・ジルーが決めて逆転に成功。ABEMAの解説・中田浩二氏が「フランスが目覚めましたね」と語ったように、序盤と見違えるようなプレーでその実力を遺憾なく発揮していた。

 迎えた後半、49分にジルーが華麗なバイシクルシュートを放つなど、フランスが変わらずに躍動。すると68分、右サイドのウスマン・デンベレからのクロスを中央のエムバペがヘッドで合わせてリードを2点に広げる。今大会屈指の注目選手のゴールでさらに勢いづいたフランスは71分、エンバペが左サイドでドリブブル突破してクロスを上げると、中央のジルーがヘディングでネットを揺らす。立て続けのゴールで試合を決定づけた。

 その後も危なげない戦いぶりで、フランスが4−1で勝利。開幕前から、ポール・ポグバやエンゴロ・カンテ、プレスネル・キンペンベ、そして世界屈指のストライカー、カリム・ベンゼマなど、怪我人続出の影響が懸念されていたものの、その心配は杞憂に。ヨーロッパを舞台に活躍するスター選手が次々に結果を残して“王者”の実力を誇示した。
(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)