1日、講談社「ミスマガジン」に応募した2,893人の中から選ばれた16人が発表された。


 「ミスマガジン」は1982年にスタートし、今年で35周年となる歴史あるミスコンテスト。斉藤由貴や細川ふみえ、中川翔子、岩佐真悠子、山崎真実、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛、衛藤美彩(現・乃木坂46)など、錚々たるタレントを輩出してきた。2011年以来7年ぶりに復活した今回は、『ヤングマガジン』『週刊少年マガジン』が主催、決勝進出者のうち、岡田佑里乃と満原史絵里の2名が一般人として勝ち上がった。


 この日は所属する九州発のアイドルグループ「LinQ」結成7周年記念コンサートのリハーサル参加のため欠席した新木さくらを除く15人が登場。テレビ朝日系のオーディション番組「ラストアイドル」から誕生したグループ・goodtearsのメンバーでもある池松愛理は「プライベートでもあまり水着にならないので、恥ずかしい。でも、水着になる覚悟をしてグランプリを取れるようにがんばります」と誓っていた。



■池松愛理 (21歳、福岡県出身、ディスカバリーネクスト所属)

テレビ朝日系「ラストアイドル」から生まれたアイドルグループ・Good Tearsのリーダー。



■えのきさりな (21歳、東京都出身、浅井企画所属)

なんと小野妹子の子孫でもある若手女優。


■岡田佑里乃 (19歳、三重県出身、無所属)

大きい瞳が特徴で、不思議ちゃん系美少女。


■岡本桃花 (16歳、山口県出身、サンミュージック所属)

女優を志す、ダンスが得意な現役高校1年生。


■緒方もも (20歳、大阪府出身、エイジアプロモーション所属)

韓国語ペラペラ、夢は主演女優。


■川津明日香 (18歳、東京都出身、アービング所属)

10代に絶大な人気を誇る女性誌モデルをこの春に卒業。


■黒木ひかり (17歳、東京都出身、ゼロイチファミリア所属)

舞台やTV、グラビアで最近プチブレイク中。


■後藤さり (21歳、東京都出身、SATORU JAPAN所属)

モグラ女子に向かう、ベスト16随一のプロポーション。


■佐藤あいり (21歳、宮崎県出身、Cover Girl Entertainment所属)

幼稚園の先生の資格を持つ、ベスト16のお姉さん的存在。


■沢口愛華 (15歳、愛知県出身、名古屋美少女ファクトリー所属)

名古屋発のアイドルユニット・delaから参戦。


■杉本美穂 (20歳、富山県出身、エイベックス・マネジメント所属)

TBS系『恋んトス』に出演し、モテっぷりが話題。


■鈴木ゆうは (19歳、東京都出身、ソニー・ミュージックアーティスツ所属)

白い肌が眩しいクラシック大好き、お嬢様音大生。


■寺本莉緒 (16歳、広島県、レプロエンタテインメント所属)

広島育ちの野球が大好きな「じゃけんっ子」。


■農海姫夏 (19歳、東京都出身、スターレイプロダクション所属)

「MFゴースト」のRQチーム・MFGエンジェルスでも活動中。


■満原史絵里(18歳、東京都出身、無所属)

自らを癒し系「ペンギン女子」と紹介。


 なお、グランプリは今月7日発売の『ヤングマガジン23号』の専用ハガキ投票の結果とライブ配信アプリ『SHOWROOM』でのランキングを元に決定、7月中旬に発表される予定だ。(撮影:野原誠治)


▶「ミスマガジン」BEST16が生出演した『AbemaPrime』をAbemaビデオで配信中