【AFP=時事】フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が選出するバロンドールの表彰式が2日、仏パリで行われ、男子部門ではFCバルセロナのFWリオネル・メッシがリバプールのDFビルヒル・ファン・ダイクらを抑え、歴代最多となる6度目の受賞を果たした。

 2009年、2010年、2011年、2012年、2015年に続き4年ぶりに選出されたメッシは、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドを抜いて単独最多の受賞回数となった。

 妻や子と表彰式に出席したメッシは、壇上で「ここパリで初めてバロンドールを受賞してから10年がたつ。兄弟と一緒にここに来たのを覚えている。あのとき僕は22歳で、自分が経験していることがまったく信じられなかった」とコメントした。

「あれから10年という長い時間がたち、これが6度目の受賞となった。妻と3人の子にも恵まれ私生活も非常に特別なものとなり、当時とは状況が大きく変わった」と続けた32歳のメッシは、「年齢は分かっているが、あと何年かは自分のサッカーを楽しみ、続けていければうれしい」と付け加えた。

 180か国の記者による投票の結果、2位にはファン・ダイクが、3位にはロナウドが、そして4位にはリバプールの欧州チャンピオンズリーグ優勝に貢献したFWサディオ・マネが入った。昨年のバロンドールはレアル・マドリードのルカ・モドリッチが受賞していた。

 9月には国際サッカー連盟が選出する年間最優秀選手賞にも選ばれていたメッシは、今年これまで54試合に出場し46得点をマーク。チームが優勝を果たした昨シーズンのスペイン1部リーグでは34試合36得点という成績を記録している。 【翻訳編集】AFPBB News