【AFP=時事】タイで17日、「性的なトレーニング講座」を行っていたとして逮捕されたベラルーシ出身のモデルの女、および「セックスコーチ」を自称するロシア出身の男が、裁判所に出廷した。被告らは、2016年の米大統領選におけるロシア介入疑惑に関する秘密を握っていると主張しており、注目が集まっている。

 タイ警察は今年2月、沿岸都市パタヤにあるホテルで開催された「性的なトレーニング講座」に対して強制捜査を実施。ナスティア・リブカというペンネームで知られるアナスタシア・ワシュケビッチ被告、および自称セックスの指導者アレクサンドル・キリロフ被告ら計10人を逮捕した。

 パタヤ警察署長によると、当初被告らは労働許可を取得していなかったために起訴されたが、現在は売春助長および共謀罪にも問われているという。

 ロシアで政治スキャンダルの渦中にある両被告は、逮捕直後にワシュケビッチ被告がインスタグラムに投稿した動画で、米国人ジャーナリストらに秘密を暴露すると申し出たことにより、世界中のメディアが注目。

 動画の中でワシュケビッチ被告は、「私たちを刑務所に入れようとしている…だから私は、あなた方が手にしていない、欠けたままのあらゆるパズルのピースについて話す用意がある…ロシアの有力議員と(ポール・)マナフォートおよび(ドナルド・)トランプとの関係、そして一連の大騒動、米選挙について」と語った。

 新興財閥(オリガルヒ)についての本を執筆したこともあるワシュケビッチ被告は、自身の主張を実証するには至っていないものの、ロシアのエリートらとの関係は確かに持っている。

 ワシュケビッチ被告が撮影したとされる動画には、ロシアの富豪オレグ・デリパスカ氏が所有するヨットでセルゲイ・プリホチコ副首相兼官房長官が歓待を受ける様子が捉えられており、ワシュケビッチおよびキリロフ被告はこの動画をめぐってロシア国内で裁判にかけられている。

 政権批判の急先鋒(せんぽう)に立つ同国の野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏が今年2月にこの動画を公開し、以来広く拡散した。

 ワシュケビッチ被告は17日、他の被告らと共に出廷する際、警察車両からAFPの取材に応じ、「ロシアには戻らない。新たな刑事事件に巻き込まれているから」と答えた。

 また米国に対しメッセージがあるかと質問を受けたキリロフ被告は、「いずれにしても助けてほしい、何が起こっているか分からないから」と答えた。

 在バンコクの米国大使館は本件について、コメントを繰り返し拒否している。

 アルミ大手会社の社長であるデリパスカ氏は、かつてトランプ陣営の選対本部長を務めたマナフォート被告とつながりがあり、米政府はデリパスカ氏がロシア政府のために動いた可能性を指摘している。

 マナフォート氏は2016年の米大統領選へのロシア介入をめぐる捜査で、資金洗浄(マネーロンダリング)と税関連の罪で起訴されている。【翻訳編集】AFPBB News