【AFP=時事】フランス全土で8日、エマニュエル・マクロン大統領に対する抗議運動が予定されていることを受け、首都パリにあるエッフェル塔は抗議が再び暴徒化することを恐れ同日、閉鎖されることが明らかになった。警察も市内シャンゼリゼ通りにある店舗やレストランに店を閉めるよう呼び掛けている。

 またパリ市内にある美術館の十数軒は、先週発生した抗議者らによる破壊行為や警察との衝突を受け、8日に閉鎖することを発表した。フランスでは今週、全国の200近くの高校で、さまざまな教育改革に対し生徒が学校を封鎖するなどの抗議運動が発生している。

 これに先立ち内務省筋はAFPに対し、極右・極左両方の抗議者がパリでの集結を計画している兆候がみられるとして、当局は8日の大規模な暴力行為に備えていると語った。

 エドゥアール・フィリップ首相は6日、上院議員に対し、路上での衝突が一日中続く先週末のような事態を避けるため、「特別措置」を講じると述べた。同首相はテレビ局TF1で、全土に警官8万9000人を配備し、警官の数を先週の6万5000人から増やす考えを示した。

 「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)」運動と呼ばれる抗議デモは燃料税の引き上げに反対し先月17日に始まったが、その後マクロン氏の企業寄りの政策や政権運営に対する反政府抗議運動に発展した。【翻訳編集】AFPBB News