【AFP=時事】英紙フィナンシャル・タイムズは11日、世界銀行のジム・ヨン・キム総裁の後任候補にドナルド・トランプ米大統領の長女で大統領補佐官のイヴァンカ氏と、ニッキー・ヘイリー元米国連大使が含まれていると報じた。

 キム氏は7日、任期を3年以上残したまま2月1日付で辞任すると突如発表した。

 フィナンシャル・タイムズによると、キム氏の後任候補には、イヴァンカ氏と、昨年12月に米国連大使を退任したヘイリー氏の他に、デービッド・マルパス米財務次官(国際問題担当)、マーク・グリーン米国際開発局長官の名前も挙がっている。

 米国は世界銀行の最大出資国で、創設以来、総裁は米国が選んできたが、キム氏は初の総裁選挙を経て選出された米国人だった。

 イヴァンカ氏は2017年、サウジアラビアなどが拠出した10億ドル(約1080億円)規模の女性起業家支援の基金設立に関わっている。

 世銀理事会は10日、来月上旬に後任候補者の受け入れを開始し、4月中旬までに新総裁を指名すると発表した。

【翻訳編集】AFPBB News