【AFP=時事】(更新)香港の空港で男性2人が民主派のデモ隊に殴打されたことを受け、中国政府は14日、デモ隊が「テロリストまがいの行為」に至ったと非難した。

 香港の空港では13日、デモ隊が2か所のターミナルを封鎖し、さらに少人数のグループが黄色い記者用ベストを着ていた男性を取り囲んで結束バンドで拘束した上、殴打した。その後、中国国営紙・環球時報の編集長が男性を同紙の記者だと認めた。

 また、少人数のグループはもう一人の男性を殴打しており、中国政府はこの男性について香港を訪れていた上海市民だとしている。

 国務院(内閣に相当)の香港・マカオ事務弁公室の徐露穎報道官は、「こうしたテロリストまがいの行為に対して最も強い非難を表明する」と述べた上、殴打された男性2人について「中国本土の同胞」と表現した。

 さらに徐報道官は上海市民の男性について、救急車で搬送されるまで2時間近く拘束されていたと説明した。

 徐報道官は「極めてひどい暴力犯罪は法にのっとり厳しく罰せられなければならない」と強調し、「われわれは断固として香港警察と司法を支持する」「犯罪者は可能な限り速やかに裁きを受けさせる」と述べた。 【翻訳編集】AFPBB News