【AFP=時事】ドナルド・トランプ米大統領は6月30日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の拡大をめぐり、「中国への怒りがますます激しくなっている」と述べた。

 トランプ氏はツイッターに、「パンデミックが世界中に拡大し、米国に甚大な被害をもたらすなどしているのを見るにつけて、私の中国に対する怒りはますます激しくなっている」と投稿した。

 米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は同日、米国での新型ウイルスの流行について、「われわれが今、完全にコントロールした状態にないことは明らかだ」「これが変わらなければ(新規感染者が)1日10万人に増えても私は驚かない」と述べた。 【翻訳編集】AFPBB News