和歌山県白浜町堅田の自営業、尾野正和さん(81)宅の庭で、鉢植えのフジが季節外れの花を咲かせ、近所の人らを驚かせている。

 6年ほど前に知人から譲り受けた鉢植えで、尾野さんが大きい鉢に植え替えた。「今月中旬、鉢の中の草を抜こうとしたらミツバチが飛び回っていたので、見上げたら花が咲いていた」という。

 フジは高さ約1メートル、根元の幹回りが29センチあり、春にたくさん花をつけたという。今も四つの花穂を垂らす。

 尾野さんは「この時季に花を咲かせたのは初めて。はっきりしない天候が続いている影響ではないか」と話している。