和歌山県の田辺市街地で24、25日に営まれた「田辺祭」を、和歌山大学の学生がインターネットを通じて紹介する取り組みをしている。住民らに聞き取り調査などをして集めた情報を、記事にまとめて発信している。

 和歌山大学は2015年から、同市南新町の協力を得て学生が田辺祭に参加。住民らの手伝いをしながら祭りの歴史や行事などを調べ、地域のことを記述できるサイト「Localwiki(ローカルウィキ)」とネット上の地図に地域情報を書き込む「オープンストリートマップ」にまとめて紹介している。昨年は計13本の記事を発信した。

 今年は観光学部の学生11人が参加し、笠鉾(かさほこ)の巡行や食事の準備などを手伝った。