台風5号は7日正午、徳島市の南海上にあって1時間におよそ20キロの速さで北東に進んでいる。和歌山県への最接近は同日夕方とみられており、上陸の可能性もあるという。和歌山地方気象台は、浸水害や土砂災害、河川の増水、氾濫、暴風、うねりを伴った高波に警戒するように呼び掛けている。

 台風5号は7日正午現在、中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風、半径280キロ以内では風速15メートル以上の強風となっている。

 8日午前0時には滋賀県彦根市付近、正午には新潟県長岡市の南約40キロに達すると予想されている。

 和歌山県では、台風の影響で大気の状態が非常に不安定となっており、局地的に雷雲が発達。このため、7日夜遅くにかけて非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨の降る恐れがある。8日午前6時までに予想される24時間降水量は多い所で400ミリとみている。

 7日午前10時までの1時間に西川(古座川町)では55・5ミリという非常に激しい雨が観測されている。このほか、新宮市で49ミリ、潮岬(串本町)で42・5ミリの激しい雨が降っている。

 7日夕の県南部には、うねりを伴った8メートルの高波が打ち寄せるとみている。8日もうねりを伴い5メートルの予想。

 田辺市は午後1時、大塔川の水位が上昇し近くの県道が冠水したため、同市本宮町川湯地区の30世帯に避難指示を出した。

 紀南地方では正午現在、那智勝浦町天満地区薬師谷付近(4世帯)に避難勧告が出ている。

■交通網にも乱れ

 台風の接近に伴いJR西日本は7日、紀勢線の特急列車計26本の運転を取りやめた。また、新宮駅―和歌山駅間の普通列車も朝から順次運転を見合わせた。

 空の便にも影響があり、日本航空(JAL)は7日、南紀白浜―東京間の計6便を欠航にした。

 県は、6日午後4時から越波のため白浜町臨海から同町瀬戸の県道白浜温泉線を、7日午後0時15分から田辺市本宮町川湯の県道静川請川線を路面冠水のため全面通行止めにしている。