和歌山県みなべ町のなかよし福祉会(新家昭〓理事長)運営のなかよし作業所「みんなの食品ひだまり」(みなべ町芝)が作るミニトマトのジュースが、コンビニ大手の「ファミリーマート」が扱う三越のギフトカタログに掲載され、限定数量が完売するなど好評を得ている。作業所で働く人たちの励みにもなっている。

 同町や印南町産のフルーツミニトマトを搾ったジュースで、糖度が高いのが特徴。2015年度プレミア和歌山推奨品の審査委員奨励賞にも選ばれた。地域の産直店などで販売している。

 今年は県の公募で選ばれたことから、三越の母の日や父の日、中元ギフトカタログで数量限定品として掲載され、1セット(180ミリリットル10本)3024円で販売。母の日、父の日は各100セットが完売、夏の中元も130セットの注文があり、受け付けを終了した。

 「ひだまり」で働く障害者7人ほどで作る生産量には限界がある。カタログの取り扱い以降、毎日生産しているという。作業所の溝西安生施設長は「全国的なカタログで扱っていただきありがたい。売り上げが伸びると、働く人の賃金アップにもつながるし、微力ながら地域の農産物の良さをPRでき、地域貢献できる」と喜ぶ。

 歳暮ギフトカタログでも掲載の予定だという。

〓は火へんに軍