和歌山県は4日、県内で新たに10代〜70代の10人が新型コロナウイルスに感染したことが分かったと発表した。1日から4日連続で2桁となった。
 和歌山市在住者は6人、御坊保健所管内在住者と岩出保健所管内在住者、橋本保健所管内在住者がそれぞれ1人、和歌山市に帰省中の大阪府在住者が1人。
 和歌山市在住の20代会社員男性は、すでに感染が発表されている男性を含む12人で市内で同窓会をしたといい、残りの参加者についても検査している。
 御坊保健所管内在住の20代会社員男性は12月下旬に友人と兵庫県や大阪府を訪れた。年始に多数の友人らと食事をしたといい、県はこの関係で30人以上を検査する。