和歌山県は4日、県内で幼児〜90代の6人が新型コロナウイルスに感染したことが分かったと発表した。和歌山市の住宅型有料老人ホーム「そうせい宮前」を県内25件目のクラスター(感染者集団)に認定した。
 老人ホームでは、職員の40代女性と入所者の80代男性、90代男性の計3人の感染が新たに分かった。これまでに施設入所者2人と職員1人の感染が発表されていて、6人のクラスターとなった。
 岩出市の市立上岩出保育所を利用する女児=岩出保健所管内=の感染も分かった。同保育所のクラスターは7人となった。
 このほか、橋本保健所管内、岩出保健所管内で1人ずつの感染が分かった。